2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.05 (Wed)

唐戸市場「馬関街」で寿司三昧 in 下関

唐戸市場に戻ってみると、準備中だったお魚屋さんに人だかりが…
既に「馬関街」が始まっちゃってます!(地元ローカルテレビのグルメロケもしてました。)

ぐるっと一回りしてみて、目にとまったお店がこちら。
121201-21+

美味しそうなネタがところ狭しと並んでいます。
様々なお寿司の他に、ウニ丼などの各種海鮮丼が@800円で販売されてました。
(鯨のお寿司もありました。さすがは下関)
121201-22

どれも美味しそうで目移りしちゃう中、にゃむふーが購入したのは(左から)、「天然ふく(@100円)」、「まぐろ脳天(@200円)」、「はらみとろ(@200円)」、「有頭赤えび(@200円)」。
どれもめちゃめちゃうまそうです!
121201-24

「馬関街(=市場内の魚屋さん)」で購入したお料理は、外のデッキで食します。
121201-05

カップルや家族、友達など複数で食べてる人が多い中、にゃむふーは一人で
「いっただっきま~す!」
(「孤独のグルメ」の主人公を気取って、心の中で「うん、うまいっ!!」)
121201-25

もう一度、市場に戻って、別のお店に。
121201-31

こちらで選んだのは(左から)「幻の魚」と銘打ってあった「アラ(@200円)」、「ウチワエビ(@300円)」、「炙りのどぐろ(@200円)」。
121201-33

ウチワエビ…初めて食べました。どれも、最高に美味しかったです。

他にも美味しそうな新鮮なネタを扱っているお店がいっぱいありました。
「フグ刺し」を500円で扱っているお店もあったような。
2階の食堂で食べずに「馬関街」が始まるまで我慢すればよかったです。
嗚呼、後悔先に立たず…

満腹になって、帰途につきました。大満足です。ごちそうさまでした~。

下関(特に唐戸市場の馬関街)最高です!絶対にまた来るぞ~!

スポンサーサイト
01:13  |  山口県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.04 (Tue)

いざ、唐戸市場! in 下関

今日、鳥取市では初雪が降りました。。

さて、山口での続きです。翌日、朝起きて向かった先はこちら↓
121201-01

下関駅からバスで約10分のところにある「唐戸市場」です。
ここは、通常の卸売だけでなく、金・土・日・祝日には「馬関街(ばかんがい)」と称し、市場内の魚屋さんが新鮮な魚介類でにぎり寿司やどんぶり、揚げ物などを販売して、多くの観光客で賑わっているとのこと。

着いたのは8時半ごろ。土曜の「馬関街」の開始は10時から。まだ卸売してた名残が…
121201-02

お料理を売る魚屋さんもまだ準備中です。。。
121201-03

お腹の虫が我慢できないので、とりあえず2階にある「市場食堂よし」で軽く朝食をとることに。
(市場の2階には何店か飲食店があり、早朝から営業されてます。)
121201-11

せっかく下関に来たのだからと、奮発して注文したのは「ふく刺し定食@1,100円」
121201-12

メニューの写真は、お皿一面にすきまなく綺麗に並んだ、よくみる「ふぐ刺し」だったんですが、
実際に出てきたものは、すきまありありで、お皿にぴたっぴたっと張り付けたような「ふぐ刺し」でした…
期待していただけに、ちょっとテンション下がっちゃいます↓
121201-13

でも、食べてみたら、くみくみとした食感で弾力があり、美味しかったです。
(鳥取弁で言うと、いい意味でしわかったです。)
さすがは、トラフグ!!!

ふぐ刺しもよかったんですが、個人的には付け合わせの「あら炊き」がいい味出してました。
美味しかったです。ごちそうさまでした~。

23:54  |  山口県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.02 (Sun)

初下関!「おかもと」の海鮮丼

先日、山口県下関に行ってきました。
(山口県に行ったのは大学以来ですが、下関は初めてです。)

駅前のホテルにチェックインし、夕食に行ったのは、駅近の海鮮居酒屋?「おかもと」。
ここは、鮮魚店が経営しているお店で、ふぐをはじめ新鮮な海鮮が食べれます。
海鮮好きのにゃむふーにはもってこいのお店です。

121130下関04

お店を入ると、そこは居酒屋とゆーより、町の魚屋さん。
魚屋さんの店前の如く、どどーーんと、新鮮な魚がところ狭しと並べてあります。
(ここから好きな魚を選んで注文してもよいみたいです。)

通路を通って食堂スペースへ。

注文したのは「海鮮丼(みそ汁・漬物付、@1,000円)」
121130下関01

しらうお、タコ、イカ、さより、軽く締めたコハダ?、ホタテ、甘エビ、茹でたエビ、いくら、サーモン、かんぱち、タイ、カニ(まだ他にもあったかも)…10種類以上乗ってました。
ゴマの入った濃いめの醤油タレをかけて食べます。

なかなかのボリュームと内容、これで1,000円だったら、いいんじゃないでしょうか。
(都会の人には大感激の内容だと思いますが、海辺の町で育ったにゃむふー的には…。確かに美味しかったんですが、ネタが可もなく不可もなくとゆー感じで。決してダメとゆーわけではなく、あえて言うなら、鳥取の「鯛喜」の方が上かな~)

ここで、せっかく下関に来たのだから…と、「揚げだし白子豆腐(@350円)」と「ひれ酒(@500円)」を追加注文。

白子が練りこんである「白子豆腐」は食感がねっとりしていて、とても美味しかったです。
121130下関02

「ひれ酒」は、ふぐのひれが2枚も入ってて、とても香ばしく最高でした。
(見てください。この琥珀色に染まったお酒を。)
121130下関03

美味しかったです。お腹いっぱいになってホテルに帰りました。。

追伸:ちなみに、このお店には「おかもと丼(@2,500円)」という大ボリュームの豪華海鮮丼があります。

22:36  |  山口県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。