2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.08.22 (Thu)

「ロイヤルコーヒーショップ(那覇空港店)」でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ⑬~

昨日は仕事終わりに、ガイナーレ鳥取×ガンバ大阪を観戦してきました。
観客数は、ガイナーレ鳥取のホーム戦史上最多の1万人強!
先制点を取ったまではよかったんですが、結果は1-7の大敗!悔しいですが…レベルが違いすぎましたね。間近で観た遠藤、宇佐美、加地のプレー…やっぱ上手かったです。

さて、沖縄旅行の続きをあと少し。。

5日目(最終日)は、ただひたすら帰るのみ。

「ロイヤルコーヒーショップ(那覇空港店)」で早めの昼食(遅めの朝食)をいただきました。
ロイヤルコーヒーショップ(那覇空港店)

いつものように、2品注文してシェアして食べることに。

1つは「メキシカン・タコス(2個、600円)」
店先のメニューを見た奥さんが、どうしてもタコスが食べたくなっちゃって、このお店に入ったようなものなんです。。
ロイヤルコーヒーショップ(那覇空港店)

もう1つは、カレーフェアの「ナシゴレン&ココナッツ・チキンカレー(1,480円)」
(ちょっと高かったんですが…沖縄旅行の〆の食事なんで、思い切って注文しちゃいました。)
うま~いっ!ナシゴレンには、刻んだパクチー(シャンツァイ)が添えてありました。(今夏はプランター栽培のパクチーが上手く育たなくて、収穫できなかったんです。)好き嫌いの分かれる生パクチーですが、これがあるだけで、本場の味に近づきますね。
チキンがゴロゴロと入ったココナッツカレーをかけて食べても、これまたうまいっ!
ロイヤルコーヒーショップ(那覇空港店)

沖縄料理もあったんですけど、2つともエスニックな料理を注文しちゃいました。。

ごちそうさまでした~。

お腹を満たしてから搭乗手続きをし、昼前のジェットスターで関空へ帰りました。

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~
ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~
「三楽(SANTA)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑨~
古座間味ビーチのサンゴ礁&「マギイ・ショップ」の昼ごはん ~沖縄旅行,Again ⑩~
栄町市場「食堂カフェとも」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑪~
栄町市場「ぱやお」で二次会 ~沖縄旅行,Again ⑫~

スポンサーサイト
20:13  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.08.20 (Tue)

栄町市場「ぱやお」で二次会 ~沖縄旅行,Again ⑫~

鳥取では今日も猛暑日でした。残暑甚だしい限りです。

さて、先月下旬の沖縄旅行の続きを。。

栄町市場の「食堂カフェとも」で美味しくてリーズナブルな料理をいただいた後は、初日と同様、辺りを散策。(ディープな栄町市場の雰囲気を垣間見たい方は、ここをクリックm(_ _)m

ぶらついた後、入ったお店は栄町市場の中にある「ぱやお」
(後で調べてみたら、栄町市場の西口附近にある有名店「うりずん」の姉妹店とのこと。)
ぱやお(栄町市場)

大勢のお客さんで賑わっていて、1階が満席だったので、2階の座敷に案内されました。
(外観からは、2階があるとは思ってなかったので、ちょっとビックリしました!)

かなりお腹はいっぱいになってたので、飲み物は「オリオンビール(中瓶、650円)」を2人でちびちび飲むことに。(ちなみに「生ビール」は@500円でした。)
ぱやお(栄町市場)

付き出し(酢の物でした)をつつきながら、料理を検討…
メニューには、どの料理にも写真と簡単な説明がついていて、とてもわかりやすかったです。

注文したのは、「ウンチェー炒め(525円)」
空芯菜のことを沖縄では「ウンチェー」と呼ぶようです。夫婦そろって大好きな炒め物です。
ぱやお(栄町市場)

もう一品、「魚のみそ和え(840円)」
刺身(マグロの赤身など)がみそ(赤みそ?ベース)で和えてありました。
う~ん、ちょっとセレクト失敗しちゃったかなぁ。これなら、普通の刺身の方がいいかと。
(ただ、「刺身盛合せ」は、2人前2,100円~だったので、ちょっと手が出ませんでした。。)
ぱやお(栄町市場)

お腹いっぱい&眠くなってきたので、これでお開きにし、ホテルに戻りました。

ごちそうさまでした~。

【追伸】
このお店の価格は、栄町市場の相場からしたら、ちょっと高めの感じがしました。
(感覚的には、国際通りにある観光客相手のお店と同じくらいかなぁ。。)
注文しませんでしたが、代表的な沖縄料理がいろいろとあったので、(メニューも分かりやすいですし)初沖縄の人とかにはいいかも。。

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~
ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~
「三楽(SANTA)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑨~
古座間味ビーチのサンゴ礁&「マギイ・ショップ」の昼ごはん ~沖縄旅行,Again ⑩~
栄町市場「食堂カフェとも」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑪~

20:36  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2013.08.16 (Fri)

栄町市場「食堂カフェとも」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑪~

今日も暑くなりそうですね~。

さて、先月下旬の沖縄旅行の続きを。。

2泊した座間味島を後にし、夕方のフェリーで那覇に帰ってきました。
ホテルにチェックインして一休みしてから、買い物&晩ごはんを食べに出かけることに。

ぐるぐると歩きまわり、最終的に辿り着いたのは、初日の夜にも訪れた「栄町市場」。
この中の「食堂カフェとも」がめっちゃ気になってたんです。
食堂カフェとも(栄町市場)

店先の「おばぁラッパーズのカマドーの店」という看板とインパクトのあるポスターに、
ちょっとドキドキしながら、ビニールの暖簾をくぐって入店。
食堂カフェとも(栄町市場)

テーブル席は満席だったので、カウンター席でいただくことに。

居酒屋メニューは全品320円。(写真をクリックで拡大)
食堂カフェとも(栄町市場)

ひとまず「生ビール(@370円)」で乾杯!
(缶ビールだと270円、泡盛1合で520円でした。)
食堂カフェとも(栄町市場)

まずは「お通し(@100円)」から。冷奴、キムチ、枝豆の定番3品。
食堂カフェとも(栄町市場)

続いて、おススメメニューから「ヘチマみそ炒め(320円)」。
とろっとしたヘチマと、甘辛い味噌がベストマッチ!ヘチマは沖縄では「ナーベラー」と呼ばれ、一般的に食べられていますが、にゃむふー夫婦は初めて食べました。美味しいですね~。
食堂カフェとも(栄町市場)

このお店の人気No.1メニュー「カマドーのにんにく餃子(320円)」。
すごいにんにくの量です。かなり効いてます。ビールによく合いますね~。うま~いっ!
食堂カフェとも(栄町市場)

おススメメニューの「チキンバジル焼き(320円)」。
家で作れるような味付けですが、普通に美味しいです。
食堂カフェとも(栄町市場)

沖縄らしく「島らっきょう(塩、320円)」も注文。
塩もみをした島らっきょうの上に削り節がかけてあります…苦みがあって、お酒が進みます。。
食堂カフェとも(栄町市場)

リーズナブルで美味しかったです。ごちそうさまでした~。

【追伸】
お食事メニューの定食が500円でした。お酒を飲まない人にはこっちもいいかも。

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~
ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~
「三楽(SANTA)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑨~
古座間味ビーチのサンゴ礁&「マギイ・ショップ」の昼ごはん ~沖縄旅行,Again ⑩~

11:19  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.08.13 (Tue)

古座間味ビーチのサンゴ礁&「マギイ・ショップ」の昼ごはん ~沖縄旅行,Again ⑩~

しばらくUPできていなかった先月の沖縄旅行の続きを。。

沖縄4日目(座間味島に来て3日目)は、帰りのフェリーの時間(16:00発)まで、古座間味ビーチに泳ぎに行きました。去年も来たビーチです。
古座間味ビーチ

このビーチの透明度の高い海とサンゴ礁&熱帯魚の多さにめっちゃ感激し、魅了され、まさかの2年連続沖縄旅行に踏み切ったようなものです。今年も戻ってきましたよ~!
古座間味ビーチ

ビーチには貸パラソルが並んでますが、わが家は右端の岩場の影に持参のテントを設置。

海に入るとすぐに深くなっているところもあり、水深1~2mでサンゴ礁やクマノミやチョウチョウウオをはじめとするカラフルな熱帯魚、固い嘴のような口でサンゴをかみ砕くアオブダイ(イラブチャー)など様々な種類の魚をた~くさん見ることができます。(写真をクリックで拡大)
古座間味ビーチ

水深4~5mの深いところに行けば、また違う景色を楽しむこともできますよ。

早めのランチは海の家「マギイ・ショップ」でいただきました。
カレーや丼、麺類など数十種類の豊富なメニューがあります。
古座間味ビーチ

「タイ風赤唐辛子のレッドカレー(650円)」…う~ん、辛くてうま~いっ!
古座間味ビーチ

「なかみ汁(ライス付、700円)」…沖縄のB級グルメ、ブタモツのスープです。
古座間味ビーチ

ごちそうさまでした~。
隣のお店(このビーチには海の家が2軒あります)にも、美味しそうなメニューがいっぱいありました。「なかみ汁」じゃなくて、こっちの「坦々麺」にすればよかったかなぁ~。

一休みしてから、もう一度沖縄の海を満喫し、古座間味ビーチを後にしました。
めっちゃ楽しかったです!
古座間味ビーチ

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~
ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~
「三楽(SANTA)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑨~

11:32  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.08.06 (Tue)

「三楽(SANTA)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑨~

沖縄旅行の続きです。。

阿嘉島ニシバマビーチを満喫した後、最終の村内航路「みつしま」で座間味島へ戻りました。
連泊している民宿で一休みしてから、晩ごはんを食べに出かけることに。。

伺ったのは、細い路地の奥にあった「三楽(SANTA)」。(この写真は帰りがけに撮ったもの。)
三楽(座間味)

外観からは何屋さんか分りませんでしたが、たぶん飲食店だろうと入ってみると…
中は賑やかでいい感じ。
三楽(座間味)

料理を何品か注文して、「生ビール(500円)」で乾杯!

まずは、「茄子の田舎煮(350円)」。
小鉢2つに分けて出てきました。心遣いがいいですね~。
三楽(座間味)

続いて、「キュウリのぬか漬け(250円)」。
三楽(座間味)

「しまあじの刺身(850円)」。うま~いっ!
三楽(座間味)

「ゴーヤチャンプル(650円)」。
定番ですね~。家でも作りますが、本場沖縄のは、かつお節がかなり効いてて、イケます!
三楽(座間味)

この辺で終わりにして、2軒目を探そうかとも思ったんですが…

気になっていた「ラフテーとマッシュポテト(700円)」を注文。これは、うまいっ!
甘辛いラフテーのタレとマッシュポテトがめっちゃよく合ってて、ビールも進みます。
三楽(座間味)

このお店1軒だけで帰ることに決め、もう1品注文。
「座間味産グルクンの唐揚げ(750円)」…思っていたより大きかったです。
三楽(座間味)

ごちそうさまでした~。

帰りがけ、座間味村役場前の植え込みがライトアップされてたので見てみると、見たこともない木が。看板を見ると「サガリバナ」という名前の木でした。夏の夜に房状の花が開き、芳香を放つそうです。
座間味

その名のとおり、ピンク色の房状の花が垂れさがってました。きれいでしたよ。
座間味

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~
ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~

21:50  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.08.05 (Mon)

ニシバマビーチのサンゴ礁&「ハナムロ・カフェ」のランチ+スイーツ ~沖縄旅行,Again ⑧~

今日も午後から雨でした。(夕方は土砂降りの大雨に…)
変な天気が続いてましたが、天気予報では、しばらく続いた雨も今日で終わりで、明日からは真夏日が続くようです。よかった×2。

さて、先月の沖縄旅行の続きを。。

座間味島の民宿に泊まった翌日(沖縄旅行3日目)は、朝から隣の阿嘉島に行きました。
片道@300円の村営フェリー(小型船)で気軽に行けます。
ニシバマビーチ

阿嘉島のスーパーで、おにぎりかなんか買って朝ごはんにするつもりだったんですが…
お店は開いていたんですが、おにぎりは売ってなく…菓子パン&ヨーグルトを購入。
(座間味のスーパーで、ポーク玉子のおにぎりとかを買っとけばよかったと、かなり後悔。。)

近くの海岸で地元の方?の三線&歌声を聞きながら、木陰でゆっくりといただきました。
ニシバマビーチ

港からニシバマビーチまでは、「ハナムロ・イン」の方に送ってもらいました。
海の家「ハナムロ・カフェ」を経営されており、食事やレンタルで使えるチケット(@1,500円)を購入すれば、無料で送迎していただけます。。

そんなこんなで着いたニシバマビーチがこちら!
うっわ~!めっちゃきれいですやん~!!テンションMAXっす!!!(写真クリックで拡大)
ニシバマビーチ

手前側の底の色が透けて見える部分がサンゴ礁、その沖の色が鮮やかになっている一帯が白砂の部分(遊泳区域はここまで)、更にに沖の色が濃いブルーのところは深いところ。

はやる気持ちを抑え、ビーチテントを張ってから、いざ海中へ!
(テント、水中メガネ、フィンなどひと通りのビーチセットは鳥取から持参しています。。)
ニシバマビーチ

めっちゃ透明度が高くて、きれいなサンゴ礁の海が広がっていました。
カラフルな熱帯魚もいっぱい!!(水中の写真がないのが残念&申し訳ないです。。)

白砂との境目(水深約4~5m)には、サンゴ礁の棚があって、最高の景色が目の前に!!
ニシバマビーチ

お昼ごはんは、「ハナムロ・カフェ」でチケットを使って食べました。
(ちなみに、このビーチの食事処は、ここと隣(写真左)の「虹浜HOUSE」の2店のみ。)
ニシバマビーチ

「ハナムロ・カフェ」のランチメニューは2種類のみ。

ひとつは、「塩そば(650円)」。少なめのスープ(結構きつめの塩味が効いてました)の沖縄そばの上に、どーんと豚バラがのってました。
ニシバマビーチ

もうひとつは、「タコライス(650円)」。
ニシバマビーチ

(隣のお店の「本格タイカレー(600円)」も気になりました。。)

食後はテントで一休みしてから、再び透明度満点のサンゴ礁の海へ。
ニシバマビーチ

泳ぎ疲れたところで、再び「ハナムロ・カフェ」でスイーツを。。

「アイスカチャン(480円)」。
カキ氷+アイスの上に、凍らせたマンゴーやラズベリーなどがのってます。うま~い!
ニシバマビーチ

「マンゴーフロート(350円)」。
ニシバマビーチ

うちの奥さんは、身体が冷えちゃったようで「ホットコーヒー(200円)」も飲んでました。

ごちそうさまでした~。食後はもちろん、三度サンゴ礁の海へ。。

ニシバマビーチ、最高でした!ありがと~!!!

【追伸1】
ニシバマビーチは、ちょっと潮の流れがあるので、注意が必要です。。
サンゴや熱帯魚を追って気持ちよく泳いでいると、知らず知らずのうちに流されていて、遊泳区域外へ出ちゃうことも。。

【追伸2】
朝食を食べた海岸の周りには、小動物のふんがころころと…
何のふんだろうと思ってたんですが、那覇へ帰るフェリーの上から、野生のケラマジカ(天然記念物の小型の鹿)を目撃したので、おそらくこの鹿のふんですね。。(乾燥してたので、全然臭くはなかったです。)

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~
「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~

23:26  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.07.31 (Wed)

「La Toquee(ラ・トゥーク)」で晩ごはん ~沖縄旅行,Again ⑦~

今日は、会社の先輩方と飲みに行ってました。
久々に会う人もいて、昔の懐かしい話で盛り上がったり…楽しかったです。

さて、沖縄旅行の続きを。。

阿真ビーチでウミガメとの遊泳を楽しんだ後、宿で一休みから、晩ごはんを食べに繰り出しました。(座間味島の港周辺にも徒歩圏内に何ヶ所か飲食店があります。)

伺ったのは、座間味島内にある「La Toquee(ラ・トゥーク)」
2階にお店があります。(1階はおみやげ屋さんが入ってます。)
ラ・トゥーク(座間味)

店内はテーブル席が何席か(奥の方にも席がありました)とカウンターで、いい感じの雰囲気。
テーブルは満席だったので、カウンターに通していただきました。
ラ・トゥーク(座間味)

とりあえず、生ビールで乾杯!(オリオンビールは@580円でしたが、キリンの淡麗が@350円だったので、ちょっと躊躇しましたが安い方を注文。。)
ラ・トゥーク(座間味)

メニューは、写真&英語でも併記されており、外国人旅行客にも対応可。いいですね~。
(実際、座間味島内でも、日本語が話せない外国人観光客を何組か見かけました。)

バテないようにと、まずは「爆弾にんにく(300円)」を注文。
上部が切ってありました。食べやすくてGood!そして、ビールに合うこと!うまいっす!
ラ・トゥーク(座間味)

もうひとつ「ウィンナー盛り合わせ(740円)」も注文。
(本当は「石垣牛ウィンナー(1,000円)」を食べたかったんですが、今は販売していないとのこと。売り切れ?いずれにせよ、ちょっと残念。)
色んな種類のウィンナーが山ほど盛ってありました。すごいボリュームです。
これまた、ビールが進みます。当然のようにもう1杯お代わりしちゃいました。。
ラ・トゥーク(座間味)

メインは麺系とご飯系と各1種類ずつ頼むことに。

麺系は、「もずくそばのアサリとエビのパスタ仕立て(880円)」を注文。
うま~いっ!パスタより太めで平べったい「もずくそば」はアルデンテに茹でてあり、アサリ、エビ、鷹の爪とオリーブオイルで和えた味は本当にパスタみたいでした。いけますね~。
ラ・トゥーク(座間味)

ご飯系は、「ロコモコ(880円)」。
ご存じ、ハンバーグと目玉焼きがのっかてるハワイアンな丼です。
ラ・トゥーク(座間味)

他にも美味しそうなメニューがいっぱいあったんですが、奥さんが遊び疲れて睡魔に襲われていたので、早めに切り上げて宿に帰りました。

ごちそうさまでした~。

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~
阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~

23:56  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.07.31 (Wed)

阿真ビーチ(座間味島)でウミガメと… ~沖縄旅行,Again ⑥~

昨日に続いて、沖縄旅行の続きを。。

座間味島に到着後、まずは港から徒歩約3分のところにある民宿(素泊り)にチェックイン。
お昼ごはんはフェリーでお弁当を食べたので、すぐに着替えて、海へLet's Go!

向かったのは、ウミガメが棲息するという「阿真ビーチ」。
(港から村営バスに乗って、約5分で着きました。片道@300円)

ビーチへの入口付近の建物には、こんな看板が。
阿真ビーチ(座間味)

これは運がよかったら、本当にウミガメが見れるかも…。
野生のウミガメを見ることも今回の旅の目的の1つなので、どんどん期待が高まります。

このビーチはキャンプ場と隣接しています。(バンガローもありました。)
小道を進むと、すぐにビーチが見えてきました。。
阿真ビーチ(座間味)

遠浅の海でした。
浜には砕けたサンゴのかけらが打ち寄せていて、裸足だとけっこう痛かったです。
海の中も砂地にサンゴのかけらが堆積していて、でも鮮やかなサンゴ礁自体はあまりなく、他のビーチと比べると、正直そこまで…って感じでした。
阿真ビーチ(座間味)

うちの奥さんが事前に調べたところ、「ウミガメは満潮前後2時間くらいが浜辺近くまで来ることが多い」とのこと。当然その時間を狙ってやって来ました。
ただ、海は広い!果たして、野生のウミガメと遭遇することはできるのか…
泳いでるうちに、やっぱ無理かもしれないとゆー気持ちが膨らんできます。。
阿真ビーチ(座間味)

それでも諦めずに泳いでいると、浜辺からわずか数メートル(水深2m程度)のところで、うちの奥さんがウミガメを発見!!!にゃむふーは沖合の方を泳いでいたので、急いで浜辺に戻ってくると…

ウミガメは全然人間を怖がる様子もなく、優雅に泳いでました。

うわ~っ!野生のウミガメが目の前に!マジっすか!!テンションMAXっす!!!

10分以上ウミガメと一緒に泳いでました。周りにはにゃむふー夫婦しかおらず、ウミガメとの楽しい一時を独占状態。(水中カメラを持っていないので、残念ながら写真はありません。)

泳ぎ疲れたので、このビーチ唯一の海の家「パーラー としちゃん」で何か食べることに。
阿真ビーチ(座間味)

数少ないメニューの中から「ソーメンチャンプルー(@500円)」を注文。
野菜・豚肉とかと一緒に炒めたものを想像していましたが、ここのは、ソーメンだけを炒めて塩胡椒で軽く味付けした超シンプルな一品。上にウインナーがのってましたが、チャンプルー自体には具材が入ってません。が、海で食べると(特に泳ぎ疲れた後なので)このシンプルさが逆に美味しく感じます。うま~い!
阿真ビーチ(座間味)

ごちそうさまでした~。

ビーチに戻って、また何度かシュノーケリングを楽しんでから、宿に戻りました。。
(なんと、もう1回ウミガメと遭遇しました。同じウミガメだったような気がします。今度は周りに多くの人がいましたが、皆さんマナーを守ってウミガメとの遊泳を楽しんでおられました。)

まさか、ウミガメと一緒に泳ぐ日が来るとは…めっちゃ感激しました!!!

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~
「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~

00:00  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.07.29 (Mon)

「とまりん」内「マミヤかまぼこ」のお弁当 ~沖縄旅行,Again ⑤~

さて、沖縄旅行の続きを。。

2日目は、那覇(泊港)からフェリーで慶良間諸島の座間味島を目指します。
(慶良間諸島は透明度の高いサンゴ礁の海が広がり、シュノーケリング&ダイビングの人気スポットの1つです。ちなみに、座間味には去年も行きました。。)

泊港の旅客ターミナル「とまりん」で「フェリーざまみ」のチケットを購入(往復@4,030円)し、構内のお店をぶらぶらと。。そのうちの1つ「マミヤかまぼこ」でお弁当を購入しました。
マーミヤかまぼこ(那覇)

後で調べてみると、この「マミヤかまぼこ」は石垣の「マーミヤかまぼこ」の兄弟会社とのこと。
ここでは、かまぼこ以外にも、いろんな種類のお弁当をサイズに応じて250~400円くらいで販売されてました。種類が多すぎて目移りしちゃいます。。う~ん、どれもうまそ~。
マーミヤかまぼこ(那覇)

このうち、中サイズのお弁当(@330円)を2個購入し、フェリーに乗船しました。
フェリーの様子に関心のある方は、「続きを読む(Read More...)」をクリックお願いします。
フェリー(沖縄)

お弁当はフェリーの中(1階外のベンチ)で波風にあたりながら、いただきました。

ひとつは、こちら。
おかずは、左から、にんじんしりしり、野菜炒め(チャンプルー)、ひじき。
そして、ご飯の上には、チキン南蛮、白身魚のフライ、オムレツがのってました。
うま~いっ!特に野菜炒めが美味しかったです。これで、330円はお得ですね~!
マーミヤかまぼこ(那覇)

もうひとつは、こちら。
おかずは、左から、焼きそばみたいなやつ(麺が中華麺より太く、うどんより細かったです)、フライドポテト、菜っ葉の炒め物、ひじき。ご飯の上には、豚肉炒め、目玉焼きがどどーんとのってます。これもうま~いっ!いつものごとく、2人でシェアしながら食べました。。
マーミヤかまぼこ(那覇)

沖縄のお弁当はボリューム満点って聞いたことがありますが、本当ですね。
味もよし、量もよし、言うことなしです!がっつりいただきました。ごちそうさまでした~。

座間味での食べ歩きは、また次回に。。

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~
「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~

22:20  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.07.27 (Sat)

「おでん 東大」の焼きてびち ~沖縄旅行,Again ④~

鳥取では昨日に続き、今朝も雨が降りました。
雨上がりの冷んやりとした空気がいいですね~。

さて、沖縄旅行の続きを。

ディープな栄町市場を満喫した後に伺ったのは、那覇市安里(24時間スーパー「りんぼう」の裏の方)にある「おでん 東大」。営業時間は、なんと、午後9時半から午前4時まで。
(開店時間がかなり遅いんで、要注意です。。)
東大(那覇)

このお店も、今回の旅でうちの奥さんが行ってみたいと言っていたお店の1つです。。

お店の看板には明かりもついてなく、見つけるのに苦労しました。
外からは中の様子もわからず、本当に営業されているのか?かなり怪しいお店なんじゃないか?と、半信半疑のまま、勇気を出して、思い切って入店しました。

すると…店内はこんな感じ。

入口付近のカウンターを通り過ぎると、奥には、座敷のテーブル席がいくつかありました。
めっちゃ明るくて、外観の印象とは大違いで、ほっと一安心。
東大(那覇)

とりあえず、「泡盛(1合、500円)」を水割りで注文。
すると、出てきたのは、1合徳利に入った泡盛と水割りセット(氷・水・グラス)。
ボトルを頼むとこんな感じで水割りセットが出てきますが…いや~、いいですね~。
東大(那覇)

お目当ての「焼きてびち」はできるまで約30分かかるとのこと。

その間のあてとして「ミミガー&マメの刺身(200円)」を注文。
「ミミガー」とはご存じ、豚の耳の皮のことで、「マメ」とは豚のハツとのこと。200円なのに、けっこうな量がありました。(刺身と書いてありましたが、ちゃんと茹でてありましよ。)
あっさりとしたピリ辛のポン酢のようなタレでいただきます。うまいっ!お酒とよく合います!
東大(那覇)

あっとゆー間に時間がたち、メインの「焼きてびち(小、600円)」がでてきました。

うわ~っ!ここにきて、このボリューム!小を注文したのに、直径20cmはあります。
(テーブル下に敷き詰めてあるお客さん?の名刺と比べると、その大きさがわかるかと…てびち5,6個は使っているんじゃないでしょうか。)
カリッカリに焼き上げた皮と、濃厚なコラーゲンがうまいっす!
東大(那覇)

めっちゃ、お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした~。

【追伸1】
○おでん各種も、ほとんどのネタが100円とリーズナブルなお値段でした。
○ちなみに、「おでんてびち」は300円、「焼きてびち(大)」は1,000円でした。

【追伸2】
牧志駅の近くにあるライトアップされた「さいおん♡うふシーサー」像。夜空に映えますね~。
那覇

【旅の足跡】
プロローグ ~沖縄旅行,Again~
関西空港でお昼ごはん ~沖縄旅行,Again ①~
「うちなーだいにんぐ じなんぼう」の沖縄料理 ~沖縄旅行,Again ②~
栄町市場「べんり屋 玉玲瓏」の小吃(中華軽食) ~沖縄旅行,Again ③~

12:01  |  沖縄県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。