2013年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.01.20 (Sun)

「吾左衛門鮓」の鯖寿司(お持ち帰り)

今日は仕事の関係で米子に行ってました。

仕事も終わって、帰りに米子駅構内にある「吾左衛門鮓」で名物の「鯖(サバ)寿司」を買って帰ることに。(店内でも食べれるようになってます。)

「吾左衛門鮓」は取扱店舗が少なく、県東部では鳥取空港の売店でしか買うことができないんです。なので、米子に行くことがあると、たま~に買って帰ります。
130120-01

ここの「鯖寿司」は絶品です!

めっちゃ美味しいです!!

自信を持って、おススメです!!!

ただ、味も最高なんですが、お値段も結構するんですよね…
130120-02

一番人気、定番の「鯖」は1,774円(税込)。

一度食べるとやみつきになる美味しさ。
うちの奥さんは鳥取市出身なので、結婚するまでこの吾左衛門鮓の鯖寿司を食べたことがなかったんですが、初めて食べて以来、とりこになってしまいました。。

ちょっと変わった「燻し鯖」は1,869円(税込)。

以前買ったことがあるんですが、スモークしたサバが使ってあり、たしか醤油ではなく、
オリーブオイル&ペッパーを付けて食べるようになっていたような。。なかなかおつな味です。

で、本日購入したのは、新発売の「鯖(1人前)」、1,100円(税込)。

ここのお寿司の中では、リーズナブルなお値段だったので迷わず即買いしちゃいました。。
130120-10

お店の人に、以前から売っている「鯖」との違いを伺ったところ、
「量が少なめで、寿司飯のお酢も少しまろやかになっている」とのこと。

箱を開けると、昆布で包まれた鯖寿司が、切らずに1本そのまま竹の皮で包まれています。

これを食べやすいサイズに自分でカットし、食べるんですが、
130120-11

見てください。この断面を。
130120-12

厚い(でも柔らかい)昆布で包まれた肉厚の鯖寿司。
(今回買ったのが小ぶりなタイプなので、ご飯との量が半々ってくらいサバが肉厚です。)

醤油につけて食べたら、もう最高!

サバの旨味&甘味が寿司飯と昆布で包まれて・・・言うことありません。絶品です!!
お酢の酸味はすごくまろやかで、全然きつくありません。

何度食べても飽きないこの味。今まで食べた鯖寿司の中で一番ですね~。

このサイズだと、1人前よりは多く、2人前よりは少ないかなって感じ。
高くてもノーマルサイズを買えばよかったと、ちょっと後悔。

ごちそうさまでした~。大満足です!!!

鳥取県が誇るお土産物だと思うんですが、賞味期限が製造後3日間と短いので、
あまり出回ってません。機会があれば、ぜひ食べてみてください。


追伸:他にも「江戸前(鯖)」「蟹」「鯛(タイ)」「鱒(マス)」「鯵(アジ)」なども作っておられます。
   一番のおススメは、もちろん定番の「鯖」です(笑)

スポンサーサイト
21:49  |  鳥取県西部(食べ歩き)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。