2013年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.11 (Mon)

智頭宿訪問② ~石谷家住宅~

「諏訪酒造」の後に向かったのは「石谷家住宅」。
2009年に国の重要文化財に指定されたそうです。もちろん、初訪問。
130209-21

宿場町の地主さんの豪邸(重文)なので、てっきり江戸時代の建物だと思ってましたが、
大正から建て始め、昭和4年に完成した建物とのこと…意外と新しいことにビックリ!

でも、いろいろと楽しめました。

中の様子に興味がある方は、文末の「続きを読む」をクリックしてください。。


智頭宿を歩いていると、自然と目に付くのは「杉玉」。

一般的には、造り酒屋が新酒を仕込んだときに目印に掲げるもの(仕込んだときに青い杉玉をぶら下げ、茶色に変われば飲み頃とのこと)のようですが、ここでは林業の街のシンボルとして、普通の民家の軒先にもかかっています。

そういえば、「諏訪酒造」にもひときわ大きな杉玉がかかっていました。
130209-40

道中にあった「杉玉工房」で杉玉作りの実演をされてた方に伺ったのですが、
色は変わっても、杉玉自体は10年以上もつとのこと…けっこう長持ちすることにビックリ!

ぶらつきながら、とある民家で見かけたふくろうバージョンの杉玉。かわいいですね~。
130209-41

これにて、プチ生誕祭は終了です。
両親ともに楽しんでくれたようで、まぁよかったんじゃないかと。。お疲れさまでした~。

01:40  |  鳥取県(その他)  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.02.11 (Mon)

智頭宿訪問① ~諏訪酒造~

「かわら亭」でランチを食べた後、折角の機会なのでどこかに行こうという話になり、
向かった先は智頭宿。智頭町にある旧宿場町です。
鳥取市に住んで約10年になりますが・・・初めての訪問。

まずは、「諏訪酒造」へ。
130209-11

「満天星」や「鵬」で有名な「諏訪泉」の酒蔵です。
130209-12

中の売店で試飲もできます。
二日酔いのにゃむふーを片目に、親父は美味しそうに数種類のお酒を飲んでました。。
(迎え酒をしようかと思いましたが、我慢×2)

親父が試飲させていただいたうちのひとつが、こちら「梶屋の酒」。純米吟醸無ろ過生原酒。
限定100本のため、酒屋さんには卸してなく、ここでしか売ってないそうです。
130209-13

この日は飲めなかったので、1本購入。
(昼食のお礼に…との言葉に甘え、買ってもらっちゃいました。。)
130209-14

また今度飲みたいと思います(^^)

00:41  |  鳥取県(その他)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.09 (Sat)

「かわら亭」でランチ

今日は、両親と弟、にゃむふー夫妻の計5人でランチに行きました。
(母親のプチ生誕祭です。。)

伺ったのは、鳥取市河原町にある「かわら亭」。
「道の駅かわはら」の中に入っているレストラン。初訪問です。
130209-01

店内は思ったより広く、掘りごたつ式の座敷もあって、いい雰囲気でした。

「八上姫御膳(1,260円)」は限定20食ということもあり、既に完売。

代わりに注文したのは「かわら亭ランチ(1,050円)」×4人。
(にゃむふーは二日酔いで胃が食事を受けつけず、みんなが食べるのを見てるだけ…
…自業自得ですね。。)
130209-02

サバ味噌、カツオのたたき、白身魚のフリッター、鹿肉の煮物、大根とハムのマヨネーズあえ、茶碗蒸し、ご飯、お吸い物、わらび餅。

結構なボリュームです。

もう一品、みんなでシェアして食べたのが「モサエビの釜めし(980円)」。
注文時に「20~30分かかりますが、大丈夫ですか?」と確認されたんですが、
その言葉どおり、先にきたランチを食べ終わった頃に出てきました。
130209-03

蓋をあけると、モサエビのいい香りが。う~ん、そそられます。
ご飯の上には殻付きのモサエビが5匹乗ってます。
130209-04

にゃむふーも少しだけ食しました。。
ご飯はやや硬め(個人的には大好きです)。モサエビの味がうつっていて、おいしいですね~。

ごちそうさまでした~。


今回は体調が悪くて注文できなかったんですが、「鹿ステーキ定食(980円)」など、
興味を惹かれた料理が何点もありました。

次は体調万全の時に来たいと思います!

23:57  |  和食・寿司  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.08 (Fri)

「和気鵜飼谷温泉」でほっこり ~日帰り旅行 to 岡山③~

先週土曜の「日帰り旅行 to 岡山」の続きです。。

日生でカキを食べ、牛窓でオリーブ味のジェラートを食べた後に向かった先は、
岡山県和気町にある「和気鵜飼谷温泉」。

車に常備している温泉雑誌の「日帰り入浴@600円、サウナあり」という文字に魅かれ、
初めて伺いました。

ナビを頼りに着いたところはこちら…「えっ、これってホテルなんじゃないの?」
130202-61

半信半疑で入口に向かってみると、自動ドアの上に「和気鵜飼谷温泉」の文字が。
130202-62

中に入るとフロントがあって、いたって普通のホテルです。

案内板が出ていて、温泉はエレベーターを降りて1階にあるとのこと。
(入口が2階なんですね。)

・・・ありました。

温泉の受付は、のれんをくぐって、中にあります。
130202-63

内湯は、大浴場(ジャグジー、気泡風呂)・薬蕩湯・サウナ(テレビあり)・水風呂、
外湯は、露天風呂・打たせ湯がありました。

ゆっくり、約2時間すごしました。

ほっこりしましたぁ。

初めて行くところって、いいもんですね~。

家に着いたら11時前でした。
出発してからほぼ半日…思いがけなく、いい日帰りプチ旅行になりました。


【お風呂設備情報】
・タオル、バスタオルなし
・リンスインシャンプー、ボディソープあり
・サウナ内にテレビあり
・冷水機なし

【走行距離】約310km

00:25  |  岡山県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.07 (Thu)

「神楽(鳥取店)」のちゃんぽん麺

今日は仕事帰りに鳥取市千代水にあるラーメン屋さん「神楽(鳥取店)」に行ってきました。

職場から出ると、いつの間にか雪が結構積もってました。。
130207-01

注文したのは冬の期間限定メニュー「長崎ちゃんぽん(750円)」。
たっぷりの野菜とエビ、アサリ、イカの魚介や練り物、豚肉が入ってて…ボリューム満点!
もっちりとした太麺に濃い目の味付けのスープ…いや~、食べ応えがあります。
130207-03

メニューを見ると、通常+200円のセットメニューが、150円でできるとのこと。
つい「Aセット(白ご飯+餃子5個)」を頼んじゃいました。
初めて「神楽」の餃子を食べたんですが、薄いのにもっちりとした皮です。
餃子のタレはちょっと甘かったんですが、餃子に付いてた赤い柚子胡椒(?)がいいアクセントになってます。
130207-05

奥さんは「醤油ラーメン(610円)」を注文。
ちょっともらったんですが、なんとなくスープが甘めに感じました。。
130207-04

「ちゃんぽん麺」のボリュームがはんぱなく、お腹いっぱいになっちゃいました。。

30を超えると、夜9時過ぎてからの食事はほどほどにしないといけませんね。
セットじゃなくて単品でもよかったなぁ…と、ちょっと後悔。

ごちそうさまでした~。

23:28  |  ラーメン・うどん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.06 (Wed)

牛窓のオリーブ園 ~日帰り旅行 to 岡山②~

サッカー日本代表の2013年初試合、キリンカップ(×ラトビア戦)が終わりましたね。
いちサッカーファンとして、ビール片手にテレビ観戦してました。

結果は…3-0の勝利。格下相手のホーム戦、内容はともあれ、勝利は勝利。祝杯ですな!


さて、先週土曜の「日帰り旅行 to 岡山」の続きです。

日生でカキをたらふく食べた後、その場の思いつきでドライブがてら向かったのは、
岡山県瀬戸内市「牛窓」。
「日本のエーゲ海」とも呼ばれる街で、オリーブでも有名?なところ。初訪問です。

地図を頼りに向かった先は「牛窓オリーブ園」。

その入口手前の道沿いにあったのが「牛窓ジェラート工房 COPiO(コピオ)」。
130202-41

お店の前には車が何台も停まっていて、大勢の人がジェラートを食べておられるじゃないですか!ここに来るまでの道が結構寂しかったので、いきなり現れた車と人の量にちょっと驚き。

これは、行ってみるしかないっしょ!食べ歩き好きの血が騒ぎます(笑)

メニューはこちら(↓)
130202-42

注文したのは「オリーブのカップ(300円)」。
二人でこれくらいが、満腹の胃にはちょうどいい量です。
130202-43

刻んだオリーブの実が練り込んでありました。
牛乳の味がしっかりとしていて、でも濃厚って感じじゃなくあっさりしてて、美味しかったです。

そして、いよいよ到着「牛窓オリーブ園」。
なんと入場無料。いいですね~。

丘の上にあった建物の展望台から見た風景。
(左手前にオリーブの木々が広がってます。奥には瀬戸内の島々が。。
右奥にうっすらと見えるのが、オリーブ大好きなうちの奥さんがいつかは行ってみたい憧れの小豆島です。)
130202-51

牛窓、オリーブ、いいですね~。暖かい季節にまた来たいと思います。


追伸:日生から牛窓までの道「岡山ブルーライン(無料)」がとても走りやすかったです。
   特に、日生側から海を渡るとき、眼下に広がる瀬戸内の景色が最高!
   ちなみに、牛窓までに道の駅が2つありました。

22:28  |  岡山県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.02.05 (Tue)

日生でカキ三昧 ~日帰り旅行 to 岡山①~

お久しぶりです。あっとゆー間に2月ですね。

さて、先週土曜、日生(岡山県)にカキを食べに行ってきました。もはや、冬の恒例行事。

鳥取から日生まで2時間ちょっと…近いもんです。

まずは、日生の漁協市場「五味の市」でカキを購入。
130202-01

家を出たのが遅かったため、日生に着いたのが午後1時過ぎ。
市場の中は、お客さんもまばらで、カキもかなり売りつくされちゃってる雰囲気。。
130202-02

大体どこのお店も、1,000円か2,000円のかご売りです。
(1,000円でも小ぶりのカキが20個くらい入ってると思います。)
130202-03

今回は、数は少なくても大きめのカキを購入しようと企んでたんですが、
残念ながらどのお店も小ぶりのカキしか残ってませんでした(TT)

お店のおばちゃんから「おまけしとくよ~」とドサッとサービスが。おばちゃん感謝!

カキを購入した後は、道の反対側にある「海の駅 しおじ」で、いざ、バーベキュー!!!
130202-11

お店の裏にバーベキュースペースがあります。
場所代は90分1,000円で、食材等の持ち込み可。
(お店の中では、エビやホタテなども販売されてます。)
130202-12

席はこんな感じ。U字ブロックの中に火のついた炭がセットされています。
130202-13

網、竹製トング、軍手、カキナイフ、紙皿、割り箸は、場所代1,000円に含まれています。
(塩、醤油も無料で使えます。)
130202-14

カキを並べて、空いたところに持参した野菜も置いて…
130202-21

焼けたカキから食べていきます。

う~ん、うまいっ!!!ぷりっぷりです。
130202-22

どんどん食べます。
いくら小ぶりとは言え、10個を超えると結構いい感じに。。
130202-23

ちょっと焼きすぎたカキも香ばしくて、これもまた良しですな。
130202-24

にゃむふーは塩+レモンのシンプルな味付けで食べるのが、
うちの奥さんはポン酢で食べるのが大好きなんですが、
隣のテーブルでは、ピザソース+チーズのトッピングを…これまた美味しそうでした。

持ち込み可なんで、肉を焼いたり、アルミ焼をしてたり、網の上に鍋を乗せてたり…
テーブルごとに色があって、千差万別でいいですね~。

カキは全部で30個以上ありました。お腹いっぱいです。。ごちそうさまでした~。


追伸:「五味の市」の中で買った「カキのクリームコロッケ」(たしか120円くらいだったような?)
130202-31

カキの風味が抜群で、めっちゃ美味しかったです。
130202-32

23:27  |  岡山県  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。