2013年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.09.15 (Sun)

「丸亀製麺」の冷かけフェア

昨日のこと。鳥取ぽかぽか温泉に行く前に、小腹がすいてたので軽く食べてから行くことに。。

伺ったのは、鳥取市岩吉(湖山街道沿い)の「丸亀製麺(鳥取店)」…久しぶりの訪問です。
丸亀製麺

にゃむふーは、冷かけフェアの「冷かけ すだちおろし(並:330円)」を注文。
ネギが大好きなので、たっぷりと入れていただきました。
あっさりとした冷たいスープと一緒に、ツルツルとうどんが入っていきます。うま~い!
丸亀製麺

奥さんは「おろし醤油うどん(冷、並:330円)」を注文。
だし醤油をかけていただきます。これもうま~い!
丸亀製麺

「かしわ天(120円)」も注文。
スライスした大きな鶏ムネ肉の天ぷら…1つでこの大きさ。
丸亀製麺

ごちそうさまでした~。ほどよくお腹を満たしてから、鳥取ぽかぽか温泉に向かいました。

【その後の足跡】
「食酒処 なんなり。」 in 鳥取ぽかぽか温泉

【過去の訪問】
2013.02「丸亀製麺」訪問 …肉ごぼうかけうどん、カレーうどん、半熟玉子天

13:09  |  ラーメン・うどん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.15 (Sun)

「食酒処 なんなり。」 in 鳥取ぽかぽか温泉

今日は台風の影響で雨ですね~。皆様、この3連休いかがお過ごしでしょうか。
わが家は、プチ旅行に行こうかな~とも思ったんですが、家でゆっくり過ごすことにしました。

昨日は夕方から鳥取市古海(カインズホームとかと同じ敷地内)にある「鳥取ぽかぽか温泉」に行ってきました。朝刊チラシで、入浴お試しキャンペーンを始めたと知り、旅行に行ったつもりで思いっきりゆっくりしようと伺いました。
ぽかぽか温泉

【入浴お試しキャンペーンの内容】
○期 間 9/14(土)~9/27(金)
○入浴料 通常700円 → 500円
○美汗洞 通常+600円 → +500円

今日はちょっとリッチに、岩盤浴&漫画コーナーなどがある「美汗洞」もセットにしました。
それでも合計@1,000円…お得ですよね~。

露天風呂&サウナで汗を流した後、館内の「食酒処 なんなり。」で夕食をいただくことに。

まずは「生ビール」で乾杯!(通常500円がキャンペーン価格で390円になってました!奥さんは運転があるため、アルコールの代わりに「ご飯(200円)」を注文。いつも×2感謝です。。)

「エリンギの浅漬け(300円)」「手作り掬い豆腐(230円)」
「エリンギの浅漬け」…かなり濃いめの味付けです。もうちょっとあっさりしてた方がいいな~。
「手作り掬い豆腐」…ネギ、削り節、ダシがかけてあります。うま~いっ!
ぽかぽか温泉

「豚ネギ南蛮ポン酢(580円)」
うま~いっ!ビールにもご飯にもよく合いますね~。
ぽかぽか温泉

「魚のカマ塩焼き(450円)」
メニューの写真はブリ?カマ1つだったんですが、出てきたお皿には鯛?カマが2つも。
ほどよい塩加減で、身も締まっていて、めっちゃうま~いっ!これはコスパ高し!
ぽかぽか温泉

軽く食べてから温泉に来てたので&食べすぎるとこの後の入浴に差し支えがでてくるので、料理はここでSTOP。にゃむふーもビールは2杯で留めました。ごちそうさまでした~。

この後、「美汗洞」で専用の館内着を着て、岩盤浴&サウナを満喫。
男女一緒に入れるのがいいですね~。韓国の「チムジルバン」を思い出しました。(岩盤浴は女性専用の部屋もありますよ。)

結局、日付が変わるまで、6時間以上もいました。めっちゃリフレッシュできましたー!

【過去の訪問】
鳥取ぽかぽか温泉(温泉施設)

12:27  |  鳥取県(温泉)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.11 (Wed)

「炉端かば(米子空港店)」の海鮮丼

この前のこと。米子空港に立ち寄った時、空港内2階にある「炉端かば(米子空港店)」でお昼ごはんをいただきました…初訪問です。
かば

注文したのは「海鮮丼(850円)」
マグロ、イカ(漬け)、シメサバ、カツオ(タタキ)、タコなどなど、新鮮な魚介類がいっぱい乗ってました。思ってたよりネタの数が多くて、かなりのボリュームです!うま~いっ!
かば

セルフの無料コーヒーもついてました。

空港内でこのレベルの海鮮丼がいただけるとは…「炉端かば」やりますね~。

ごちそうさまでした~。

21:29  |  鳥取県西部(食べ歩き)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.10 (Tue)

BAR「SILENCE(サイレンス)」で三次会

今日は、サッカー日本代表×ガーナ戦(親善試合)がありましたが、TV中継はテレ朝だけだったので、家では観れませんでした。(鳥取の地デジには、テレ朝が入ってないんです。。)

さて、先週末の夫婦飲み会の続きを。。

一次会は立ち飲み居酒屋の「村尾」で、二次会は初訪問のイタリアン・バル「ご馳家BAR NICO(ニコ)」で楽しく飲んだ後…調子に乗って、帰る前にもう1軒立ち寄っちゃいました。。

伺ったのは、鳥取市栄町にあるBAR「SILENCE(サイレンス)」…初訪問です。
BAR SILENCE

カウンターが数席のコンパクトな店内です。暗めの照明と店内に流れる音楽がいい感じ。

注文したのは、「ソルティドッグ」と世界一辛いという「ジンジャエール」

「ソルティドッグ」…ちゃんと生グレープフルーツを絞って作ってあって、うま~いっ!ウォッカベースのカクテルは大好きです。
「ジンジャエール」…お店の前の「世界一辛いジンジャエールあります」との看板が気になって入ったようなもんです。口に含んだときはあまり感じませんが、後から生姜の辛さが効いてきました。ウィルキンソンの辛口ジンジャエールでしょうか?きりっと辛くて、イケますね~!
BAR SILENCE

お代わりは、「シャンディーガフ」「チャーリーチャップリン」をいただきました。

「シャンディーガフ」…極辛のジンジャエールとビールのコラボがいい感じ。
「チャーリーチャップリン」…うちの奥さんの「何かカクテルを…」とのリクエストで出てきたのがこちら。杏の味のする爽やかで飲みやすいカクテルで美味しかったです。(後で調べたところ、スモモのリキュール「スロージン」&杏のリキュール「アプリコット」&レモンジュースで作ったカクテルとのこと。)

4杯で計3,700円でした。居酒屋感覚だとちょっと高いような気がしますが、BARだったら相場かと。飲んだ後にふらっと1人で立ち寄って、極辛の「ジンジャエール」を飲むのもありかなぁ。

ごちそうさまでした~。

軽く飲むつもりだったのに、3軒もはしごしてしまい、散財してしまいました…反省。

【本日の軌跡】
1軒目 立ち飲み居酒屋「村尾」
2軒目 イタリアン・バル「ご馳家BAR NICO(ニコ)」

【追伸】
サッカーのことを備忘録がてら、少しだけ。
後半に入って、香川、本田、遠藤と役者が決めましたね~。3-1の逆転勝利!おめでとー!点こそ決めてませんが、柿谷もよかったかと。海外組中心の代表合流2試合目とは思えないくらいハマってて、香川&本田との流れるようなパス回しは観ててワクワクしちゃいました。。

23:52  |  居酒屋・BAR・飲み会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.09 (Mon)

ご馳家BAR「NICO(ニコ)」で二次会

今日は気持ちがいいくらいの秋晴れでしたね~。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…食べるだけじゃなく、運動にも励まないとヤバいなぁ。。

さて、先週末の続きを。

立ち飲み居酒屋「村尾」で軽く飲んだ後、小雨の降る中、次のお店を探しに弥生町を彷徨い…
辿り着いたのは、鳥取市末広温泉町にあるイタリアン・バル「ご馳家BAR NICO(ニコ)」
うちの奥さんが以前から気になっていたお店…初訪問です。
NICO

店内はカウンター&スツールがベースで、入口付近に2人用テーブルが2つと、奥の方に4~6人用くらいのテーブル席がありました。

メニューはこちら。(写真クリックで拡大)
美味しそうな、気になる料理が目白押しです。
NICO

もうひとつ。今回は頼みませんでしたが、ワンコインからピザが食べれるようです。。
NICO

まずは、「シャンディーガフ(500円)」「グラスワイン(赤、500円)」で乾杯!
NICO

「生ハム&イチジク(500円)」
うちの奥さんのリクエスト。生ハムのしょっぱさとイチジクの甘さ&つぶつぶ感がめっちゃ美味しいとのこと。「生ハム&メロン」でもそうですが、個人的には別々に食べる方がが好きだなぁ。
NICO

「セロリの浅漬け(300円)」
ピリッと辛口で、めっちゃうま~いっ!お酒のあてに、そして、箸休めにも最適です。
NICO

「なすアンチョビ(400円)」
これはにゃむふーのリクエスト。うわ~、めっちゃうま~いっ!
ナスとミニトマトとアンチョビのコラボが最高です。写真ではわかりづらいですが、底には刻んだアンチョビがよく染み込んだオリーブオイルがたっぷりと…うま~いっ!これは堪りません。
NICO

「モスコミュール(500円)」をお代わり。
ロンググラスではなく、ロックグラスで出てきました。
NICO

「海老のピルピル(500円)」
「ピルピル」って何だろうと思い、店員さんに聞いたところ「アヒージョ」とのこと。
なるほど、アヒージョ(=オリーブオイル煮)ですか。バゲットも付いているとのことだったので、迷わず注文。うま~いっ!ここのアヒージョはエビとニンニクがちゃんと濃厚で、唐辛子の辛さもピリリと効いててめちゃうまですっ!(どこかのお店の水っぽいアヒージョとは大違い。)
ちょっと意外でしたが、甘いバゲット(黒糖かな?)とも、なかなかよく合ってました。
NICO

さっきの「なすアンチョビ」のオリーブオイルも余ってたので、すぐにバゲットを使いきってしまい、お代わりをすることに。。

追加注文の際、店員さんから「アヒージョも温め直しましょうか」とのありがたい一言が。
こーゆー細やかな心遣いがありがたいですね~。感謝×2。

気になってた「自家製たくあんのスモーク(300円)」も注文。
とうふちくわのスモークも付いてました。たくあんのスモークは、燻し具合がちょっとずつ違ってて…うわ~、これは面白い味!スモーク効果でたくあんの甘酸っぱさが強くなってるような。。食べれば食べるほど、クセになっちゃう味ですね~。
NICO

しかし、これはアレがほしくなっちゃいます…てなわけで、堪らず、「焼酎の水割り(500円)」も追加注文。めっちゃよく合います。うま~いっ!

ごちそうさまでした~。

料理はどれも美味しく、お店の雰囲気も店員さんの対応もよくて、言うことなし!
必ず、また飲みに来ます!

【追伸1】
1人でもふらっと立ち寄れる感じがいいですね。(伺った時は、女性客が多かったです。)
うちの奥さん曰く、「ここだったら、私一人でも飲みにこれるかも」とのこと。

【追伸2】
後で調べてみたら、このお店は「ぐらっちぇ」の3号店でした。

21:00  |  居酒屋・BAR・飲み会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.08 (Sun)

立ち飲み居酒屋「村尾」で一杯 ~長月~

2020年のオリンピック、東京開催が決まりましたね~!

昨日は久しぶりに夫婦で飲みに出かけました。

1軒目は、鳥取市栄町(鳥取駅前のアーケード入口)の立ち飲み居酒屋「村尾」
ここで、軽くお腹に入れてから二軒目へ向かうのが、わが家の定番になりつつあります。。
村尾

この日のメニューはこちら。(写真クリックで拡大)
村尾

まずは、「生ビール(@350円)」で乾杯!お疲れさま~。
村尾

「赤ビラの刺身(300円)」
「赤ビラ」が何かわからないまま、とりあえず注文。
(後で調べたところ「カンパチ」の幼魚…とのこと。へぇ~、初めて知りました。)
写真ではわかりづらいですが、かなり大きな切れで出てきました。
う~ん、個人的には、もう少し小さく(薄く)切った方が好みかな。。
村尾

「ゴボウの唐揚げ(300円)」
これは、メニューにあれば必ず注文する我が家の鉄板です!塩でいただきます。
ゴボウの素朴な味、歯ごたえが堪りません。ビールともよく合います。うまいっ!
村尾

「ナスの揚げだし(250円)」
皮がちょっと固くて口に残りましたが、美味しかったです。。
村尾

「冷奴(200円)」
村尾

トータル1,750円…安いっ!ごちそうさまでした~。

まだまだ食べれる状態で、二軒目へ。。

【過去の「村尾」記事】
2013.05訪問 「カワハギの肝と子」、「ヒラメの刺身」、「赤バイの刺身」
2013.06訪問 「白イカの刺身」、「アゴの子」、「小ジャガの甘辛煮」
2013.08訪問 「本バイの煮物」、「ゴーヤの天ぷら」、「イワシの刺身」

19:50  |  居酒屋・BAR・飲み会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.07 (Sat)

「monsoon食堂(モンスーン食堂)」のパッタイ&トムヤムそーめん

先日、夫婦で外食に行ってきました。

あっさりと麺系を食べたいな~ということで方針は決まったんですが、ラーメンにしようか、うどんにしようか、お店は中々決まらず…迷いに迷った末に伺ったのは、鳥取市賀露町(国道9号線沿い)にある世界料理「monsoon食堂(モンスーン食堂)」
モンスーン食堂

店内はこんな感じ。
モンスーン食堂

世界料理というように、東南アジアをはじめ世界各国のエスニック料理がいただけるようです。(写真クリックで拡大)
モンスーン食堂

か~なり昔に伺ったことはあるんですが、何となくお店の雰囲気やメニューが違うような…
うろ覚えですが、以前もエスニック料理(ナシゴレンだったかな?)をいただいたような記憶があるので、オーナーさんが変わったんでしょうか?

ご飯ものもあったんですが、初心貫徹して、注文したのは麺類2つ。

まずは、「トムヤムそーめん(冷)(860円)」
メニューを見ると、タイ風のオリジナル料理とのこと。
付けダレが麺つゆではなく、トムヤムクンベースの冷たいスープになってるんじゃないかと思ってたんですが…料理が出てきてビックリ!いい意味で、予想が覆されました。
モンスーン食堂

上にのってる卵黄を崩して、よ~く混ぜ合わせていただきます。
うま~いっ!初めて食べる味ですが、なかなかイケます!そうめんにトムヤムクンとココナッツミルクを加えたのようなピリ辛のタレ+ボイルした小エビが絡めてあります。パクチー(シャンツァイ)とナッツもいいアクセントになってて、美味しいですね~。

もう一品は、「パッタイ(860円)」
豚肉、モヤシ、ニラ、玉子などと一緒に炒めた、甘酸っぱい味のタイ風焼きそばです。
こちらにもパクチー(シャンツァイ)がのってました。好き嫌いが分かれるハーブですが、わが家は大好き!(これをちゃんと使ってるお店って、なかなか鳥取にはないんですよね。。)
料理自体は全く辛くはなく、かなり甘めの味付けで、子どもが大好きな味だと思います。
モンスーン食堂

料理と一緒に「お好みで加えて食べてください」と持ってこられたのがこちら。
砂糖、唐辛子、レモン汁、ナッツの4種。好みの味に調整できるのがいいですね~。
辛いのが大好きなので、たっぷりの唐辛子とレモン汁を加えていただきました。うま~いっ!
モンスーン食堂

どちらも美味しかったです。ごちそうさまでした~。

他にも気になる料理がめっちゃいっぱいあったので、また行ってみたいと思います。

【追伸】
駐車場はかなり狭いので、注意が必要ですよ~。

12:17  |  カレー・エスニック料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2013.09.06 (Fri)

与島PAの「讃岐御膳」

今日のサッカー日本代表×グアテマラ戦。いつものごとく、ビール片手に応援してました。
日本の一方的な試合内容で、結果は3-0の勝利。

・日本の決定機は数知れず…もっと点を取れたと思うので、ちょっと不完全燃焼かな。。
・やっぱ、今の代表は本田のチームですね。本田が入った後半の方が動きがよかったかと。
・久々の完封勝利ですが、力の差があったので、守備陣の立て直しができたかどうかは…
・親善試合の意味合いからすると、いろんな選手を試せたので、よかったんじゃないかと。

そう、親善試合で一喜一憂してたんじゃダメです。見据えるのは、来年のW杯ですからっ!
とゆーわけで、来週火曜のガーナ戦も楽しみにしてます!

…駄文失礼しました。。

さて、先月下旬の野外フェス「モンバス」の帰り道、晩ごはんにうどんを食べようと瀬戸大橋のど真ん中、与島PAに寄りました。
与島PA

このPA内にあるうどん専門店で讃岐うどんを食べようかと思ってたんですが…なんと夕方には閉店してました。(以後、気をつけたいと思います。。)

高速だったら、もうちょい遅くまで営業しててもいいんじゃないかと、ぶつぶつ不満を言いながら隣のフードコート(上写真)でいただくことに。

せっかくなんで、奮発して「讃岐御膳(1,050円)」を購入。
讃岐コーチンを使った親子丼、うどん、地ダコの天ぷらとゆー魅力的な内容だったんですが…
与島PA

…正直言ってそんなに美味しくはなかったです。値段不相応、高速価格ですね。

親子丼…讃岐コーチンかもしれませんが、パサついた胸肉で、残念な感じでした。
うどん…讃岐うどんのようなコシはない、ごくごく普通のうどんで、これまた残念な感じ。
地ダコの天ぷら…塩でいただきます…これは、まぁ、ありかな。

お腹はいっぱいになりました~。ごちそうさまでした~。

21:58  |  香川県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.05 (Thu)

「MONSTER baSH 2013」に参戦!

鳥取では先週末から降り続いた雨が止み、なんか一気に秋っぽくなってきました。
すごしやすくなってきましたね~。

さて、8月25日(日)、香川県の国営讃岐まんのう公園で開催された中四国最大級の野外ロックフェスティバル「MONSTER baSH(モンスターバッシュ)2013」(通称「モンバス」)に男4人で行ってきました。野外LIVEは7,8年ぶり、モンバスは初参戦です。

あいにくの雨模様の中、車で琴平町まで行き、そこからシャトルバスで会場へ。

会場に着いたら、まさかの土砂降り状態。カッパは持って行ってたんですが、靴はバスを降りてすぐにぐちょぐちょに。これで、逆に腹が据わったとゆーか、何かが吹っ切れました(笑)
モンバス

雨がめっちゃ激しかったので、ひとまず入口付近のフードコートで腹ごしらえをすることに。

ラーメン、丼、韓国料理などもありましたが、こちらのトルコ料理屋さんで…
モンバス

「ケバブ丼(800円)」を購入しました。
モンバス

雨宿りをしながら立ち食いですませ、雨が降る中、会場へ。

平たいところを想像してたんですが…めっちゃ起伏に富んでます。(クリックで拡大)
モンバス

遠くに2つの特設LIVEステージ(右側黒色が「空海」、左側黄色が「龍神」)が見えます。ここで交互に30分ずつLIVEがあり、観客は自由に行き来できるようになってます。(クリックで拡大)
(ちょっと離れたところに、「茶堂」という落ち着いた感じのコンパクトなステージもありました。)
モンバス

好きなところにシートを敷いて、ゆっくりくつろぎながら聞くのもあり。
でもって、好きなときにステージ前に移動して、激しく体を動かしながら聞くのもあり。
屋台もいっぱい出てたので、晴れてたらめっちゃ最高だと思います。

メインステージ「空海」の前は、めっちゃすごい人の量!(クリックで拡大)
今年のモンバスは、雨にもかかわらず、土日2日間で約4万人が来場されたそうです!
モンバス

日曜の出演者は、ソナーポケットサンボマスターマキシマム ザ ホルモンMONGOL800など20組強。(ちなみに土曜は、平井堅スピッツDragon AshRIP SLYMEなど20組強。こちらは早々にチケットが完売になって、参戦かなわず…)

ステージ前は、すごい盛り上がりでした!途中から雨も上がり、テンション↑↑
400

途中で再びエネルギー補給をとりました。会場内のこちらのお店で…
モンバス

香川名物「骨付鶏(800円)」「生ビール(500円)」を購入。
「骨付鶏」は「親」を選択。ビールともよく合って美味しかったんですが、雨宿りしながら手づかみで食べるには、柔らかい「ひな」の方が食べやすくてよかったかなぁ…とちょっと後悔。
モンバス

特筆すべきバンドは…

サンボマスター
MCも、盛り上げ方も、めっちゃ上手くて、あつくて、これぞLIVEってゆー面白さ&醍醐味を感じさせてくれます。「電車男」の主題歌「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」…懐かしかったです。

マキシマム ザ ホルモン
正直、これまであまり曲を聞いたこともなく、うるさいだけのバンドだと思ってましたが(ファンの方、スイマセン。。)…LIVE最高!めっちゃよかったです!MCも最高で、かなり盛り上がりました!年甲斐もなく、とび跳ねまわってしまい、次の日筋肉痛になっちゃいました。。
ちなみに、この頃には雨雲の隙間から晴れ間が見えてきて、会場の雰囲気も最高潮に!

トリのモンパチも聞きたかったんですが、次の日の仕事もあったので、その日の内に鳥取に着くようにと、泣く泣く会場を後にしました。
モンバス

雨の中の野外LIVEでコンディションは最悪でしたが、けっこう楽しめました!

1日券が8,000円、2日券だと14,000円と、決して安くはありませんが、また機会があれば参戦したいな~。これを機に、LIVE熱が再燃するかも…。

22:24  |  香川県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.03 (Tue)

「砂簾(されん)」で飲み会系晩ごはん

雨が続きますね~。朝晩めっきり冷え込むようになりました。

一昨日は「鳥取ぽかぽか温泉」に、昨夜は入浴料@350円と格安の天然温泉「みさき屋」に…
2日連続で温泉に行って温まってきました。(「みさき屋」の過去の記事はこちら

さて、先月中旬、お義父さんとにゃむふー夫妻の計3人で、鳥取市永楽温泉町(ホテルα-1の隣)にある「おふくろの味 砂簾(されん)」に行きました。3人とも初訪問です。。
砂簾

店内は座敷が3テーブルとカウンターのみのコンパクトで落ち着いた雰囲気。

メニューはこちら。(写真をクリックで拡大)
砂簾

こちらの料理には、値段が付いていません。いわゆる全てが「時価」ってやつでしょうか。
とはいっても、そんなにバカ高くはない…とゆー話を聞いていたので、ちょっとドキドキしながらも何品か注文。

まずは、生ビールで乾杯ー!

「ミツバのごま和え」
ミツバの他に、エノキも一緒に和えてありました。爽やかな味で美味しいです。
砂簾

「アサリの酒蒸し」
旨味が凝縮されてますね~。酒蒸しって大好きです。うまいっ!
砂簾

「焼きナスの煮びたし」
あっさりしてて美味しいですね。器もガラスで見た目も涼しげ。これぞ、夏って感じの一品。
砂簾

「サンマの刺身」
どの刺身を注文しようか迷った末、サンマにしたんですが…これが大当たり!
写真ではネギで隠れてて見えませんが、ピンク色の身の新鮮な刺身でした。うま~いっ!
久しぶりにこんなに美味しいサンマの刺身をいただきました。
砂簾

お代わりは、焼酎の水割りに変更。やっぱ、和食には、日本のお酒がよく合いますね。

「ニンニクの丸焼き」
外皮をむくと、ぷっくりと大粒のニンニクがでてきました。
ほっこりしていて、美味しいですね~。おそらく、国産生ニンニクじゃないでしょうか。
砂簾

「にらたまご」
どんな料理が出てくるかと思っていたら…ニラ玉のオムレツ・バージョンでした。
やさしい味付けで、美味しかったです。
砂簾

「岩ガキ」
山陰の夏の味覚のひとつ。今夏、何度目かの岩ガキです。写真じゃ分かりづらいですが、かなりの大きさ。むき身で、10cm以上はあったかと…うま~いっ!
めっちゃ美味しかったんですが、たぶん、1個1,000円前後するんじゃないでしょうか。
砂簾

「レンコンのきんぴら」
シャキシャキの歯ごたえのレンコンがいいですね~。
砂簾

どれも美味しかったです。

心配していたお値段なんですが…

飲み物(アルコール)5杯くらいと上記料理+「サンマの塩焼き」、「冷奴」×2で、合計1万円強でした。(確か、12,000円まではいかなかったんじゃないかと…)居酒屋よりはちょっと高めですが、安心価格だと思います。

ごちそうさまでした~。また、伺いたいと思います。

21:43  |  和食・寿司  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。