2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.22 (Sun)

砂の美術館&プロジェクトマッピング

この3連休、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?(我が家は、家でゆっくりとしています。。)

さて、先日の仕事終わりのこと。
奥さんと合流し、鳥取市福部町にある「砂の美術館」に行ってきました。
砂の美術館

2012年4月にオープンした砂像を展示する施設。(建物はない数年前から期間限定で屋外展示されてて、にゃむふーはその頃に何度か来たことがあるんですが、奥さんは初訪問です。)

砂像は砂と水だけで作られています。第6期になる今シーズン(2013年4月20日~2014年1月5日)の作品テーマは、「砂で世界旅行・東南アジア編」(以降、砂像の写真クリックで拡大)
砂の美術館

展示フロア(2階)入ってすぐにあったのが、「パゴダと僧侶たち」
砂の美術館

角度を変えてみるとこんな感じ…360度が全部見える作品って大変そう。
砂の美術館 砂の美術館

「ライステラスと農民の暮らし」
砂の美術館

「ボロブドゥール遺跡」
砂の美術館

仏像の左上にある建物(遺跡?)の遠近感がハンパないっす。
砂の美術館

正面奥、上段の「アンコールワット」&下段の「歓喜の行進」
砂の美術館

細かくて、滑らかで、これが砂で作られているとは…
砂の美術館

3階からだと、アンコールワットの建物下部もよく見えます。。
砂の美術館

「熱帯雨林に潜む動物たち」
砂の美術館

「王に捧げる舞踊」
砂の美術館

「影絵芝居 ワヤン・クリッ」
砂の美術館

他にもいろんな作品がありました。
製作者によって、作品のタッチや雰囲気が違ってて、見てて面白かったです。


実は、今回の目的は…クリスマス特別企画として上映される「3Dプロジェクトマッピング」
東京駅などのニュース映像で見たことはあるんですが、生で見るのは初めて。期待感↑↑

よかったですよ~。
あと少しで終わっちゃうので、興味がある方は、ぜひ行ってみられたらいかがでしょうか。

気になる方は、「続きを読む(Read more...)」をクリック願います。(ただし、ネタばれあり)

【追伸】
「プロジェクトマッピング」は、12/14(土)~12/25(水)の午後4時から9時半まで、30分毎に上映。通常の入館料(大人@600円)のみで観れますよ!(追加料金は不要。)ちなみに、我が家はずっと使ってなかった前売券で入場。(面倒くさがりの性格が幸いしました(笑))

スポンサーサイト
11:14  |  鳥取県(その他)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。