2014年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.20 (Tue)

「旬門(米子本店)」でお昼ごはん

調子に乗って、先日のことを。。

先日、仕事の関係で米子に行った際、上司とお昼ごはんを食べに伺ったのがこちら。
米子市明治町(駅前通り沿い)にある居酒屋さん「旬門(米子本店)」…初訪問です。
旬門

おススメの「週替り定食(1,000円)」の今週の献立はこちら(↓)
旬門

他にもメニューはありましたが、結局それを注文。
どどーーん!すごいボリュームです。

上(左)から、鍋、ハーブ鶏と揚げ茄子の彩り餡かけ(美味しかったです)、旬魚のもろこし焼き、玉子焼き、そば、ごま豆腐(っぽいやつ)、茶碗蒸し(だったけな?)、刺身、バイ貝(?)の煮付け、ご飯、漬け物、みそ汁のセット。
旬門

全体を見ると品数は豊富でめっちゃよかったんですが、メインの長皿にはちょこんと2品(焼き魚&玉子焼き)しか乗っておらず、何だかちょっとだけ寂しい感じも。。

鍋は、「豚肉と山菜のみぞれ仕立て」をチョイス。
旬門

お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした~。

(昼食に1,000円って…自分で食べときながら言うのも何ですが…リッチな感じがします。普段はこんな昼ごはん食べられません。。)

【追伸】
駐車場はないので、ご注意を。

スポンサーサイト
23:42  |  鳥取県西部(食べ歩き)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.20 (Tue)

「道後温泉本館」でリフレッシュ ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ⑦~

なんだか慌しい日々を過ごしています。月末までには何とか一段落したいなぁ~と。。

地元ネタも溜まってきてるとこですが、まずは先月末のGW前半の愛媛旅行の続きを。

道後温泉で昼食・足湯などを楽しみながら、街をぶらぶらと…。

で、向かった先は、「道後温泉本館」…大学時代に来て以来、10年以上ぶりの再訪です。
正面、向かって左側から見ると、こんな感じ。
道後温泉

でもって、正面、向かって右側(ちょっと遠く)から見ると、こんな感じ。
複雑に建物(屋根)が重なり合ってるのが、よく分かります。この「道後温泉本館」は、明治時代の温泉施設としての価値が評価され、国の重要文化財に指定されています。
道後温泉

「神の湯二階席コース(@800円)」にしました。
1階の大浴場「神の湯」と、2階大広間が利用できます。(ただし、利用は1時間以内とのこと。)

入口で料金を払って中に入ると、まず始めに2階の大広間に案内いただきました。
(タイミングが良かったのか、館内は思ったより混雑してなくて、よかったです。)
道後温泉

それぞれ浴衣を貸していただき、お風呂へLet's Go!
男風呂(脱衣場)へは、2階大広間から階段で直接下りることができます。

男風呂は、脱衣場1つの浴槽2つ。浴場の内容はほぼ同じ(違いは壁絵が違うくらいかなぁ…と)。外国人のお客さん含め、老いも若きも大勢のお客さんで賑わってました。

入浴後、再び二階大広間で一休み。
席に着くと、スタッフさんが間をおかず、お茶&茶菓子を持ってきていただきました。
道後温泉

縁側(2階)へ出てみると、湯上りで涼んでいるお客さんがちらほらと。なんかいい感じです。。
道後温泉

お茶をいただきながら休んでいると、外で歓声が!「何だろう?」と思って顔を出してみると…
道後温泉

各階の屋根の付け根の辺りから、霧が出てるじゃないですかっ!?
外では、子どもたちが大はしゃぎ!
大広間の中にも涼やかな空気が流れ込んできて、気持ちよかったです。

いや~、楽しめました。リフレッシュー!
(細い階段を登って、3階の「坊ちゃんの間」も見学してきました。)

~続く~

【旅の足跡】
「満州楼」で昼ごはん ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ①~
「青空食堂(千舟店)」で晩ごはん ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ②~
「GARDEN PLACE CAFFE」のモーニング ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ③~
松山城&城下散策 ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ④~
「食房 夢而今(ゆめじこん)」のラーメン&つけ麺 ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ⑤~
旅館「ふなや」の足湯 ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ⑥~

22:53  |  愛媛県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。