2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.02.17 (Mon)

湯村温泉「とみや」で日帰り温泉

先週土曜のこと。昼過ぎに仕事から帰ってきた奥さんが、「疲れたぁ~。どっか温泉に行って、リフレッシュしたーい!」との一言。

で、向かったのは、鳥取から車で約40分のところ、兵庫県新温泉町にある「湯村温泉」

温泉に入る前に、久しぶりに温泉街をぶらつくことに。。
湯村温泉

目指すは、川の近くから湧き出す源泉「荒湯」
無色透明、無味無臭、アルカリ性の単純泉で、摂氏98℃の高温の温泉が、1分間に470リットルも湧き出ているとのこと。めっちゃ寒い中、ここには大勢の観光客がおられました。
湯村温泉

皆さんのお目当ては…その高温かつ豊富な温泉を使った温泉卵。
出来上がるまでの時間が約15分と約20分の2種類の湯壷がありました。
湯村温泉

我が家も、家から卵&ネットを持参してたんで、空いてるところに投入。
(卵は近くのお土産屋さんでも売ってます。)
湯村温泉

近くのお土産屋さんを巡って時間を潰し、約15分後に取り上げてみると…
湯村温泉

できてましたー!
湯村温泉

塩をかけて一口。うまーいっ!
(卵がSサイズだったせいか、完璧に茹で上がっちゃってたのが、ちょっと残念でした。。)
湯村温泉

軽くお腹に入れてから向かったのは、「荒湯」から徒歩約3分、川を渡って坂を登ったところにある旅館「とみや」…初訪問です。
とみや

女性は「展望露天風呂 天神の湯」、男性は「大浴場 愛宕の湯」に入れます。

「天神の湯」の方は、2種類の露天風呂の他、内湯も大浴場、炭酸風呂、泡風呂、打たせ湯など、いろんな種類のお風呂があったようです。

一方、「愛宕の湯」の方は、わりとこじんまりとした露天風呂で、内湯も大浴場1つ&サウナのみと、けっこう差がありました。(伺ったときは、サウナも真っ暗で入れませんでした…残念。)

熱くていいお湯でした~

奥さんは、めっちゃリフレッシュできたようです。

【日帰り温泉情報】
○午後3時~9時まで、大人@800円で日帰り入浴ができます。
○旅館なので、シャンプー、リンス、ボディーソープ(よくある馬油、柿渋のやつ)があります。
○日帰り温泉客には、タオル等はありません。
○旅館なので、脱衣場はロッカーじゃなくて、籠タイプ。貴重品はフロントに預けます。
○脱衣場にあった美容ジェル?クリーム等も充実してました…さすが温泉旅館。

【追伸】
お風呂は午前・午後の男女入替制なので、男性は宿泊しないと「天神の湯」の方には入れません…日帰り男性客にはちょっと残念ですが、致し方なし。

スポンサーサイト
23:22  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyamhu.blog.fc2.com/tb.php/255-aa1ee8cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。