2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.13 (Tue)

松山城&城下散策 ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ④~

今日は暑かったですね~。
明日はもっと暑くなる…とのこと。体調管理に気をつけたいと思います。

地元ネタもちょこちょこあるんですが、今日はGW前半の愛媛旅行の続きを。。

ホテルに戻って、部屋でゆっくりしてから、チェックアウトをして向かったのは「松山城」
麓の駐車場に車を停めて、ロープウェイ or リフト(同料金:往復@500円)でLet's Go!
(天気も良かったので、リフトで上りました。)
松山城

ロープウェイ(リフト)降車場の長者ヶ平から歩くこと10分ちょい…天守閣のある本丸に到着。

(松山城は、1602年、江戸幕府が始まる直前に、戦国武将の加藤嘉明によって造られ始めたお城で、多くの建築物が国の重要文化財になってます。)

休憩処を横目にしばらく歩いて、天守閣の入場口へ。
松山城

入口には、マスコットキャラクターの「よしあきくん」がいました。
(松山城を造り始めた戦国武将「加藤嘉明」にちなんで名付けられたそうです。)
松山城

観覧料@500円を払って、いざ、天守閣へ!
(詳細は、この記事下部の「続きを読む(Read more...)」で。)

お城の内部を満喫した後は、本丸入口付近の食事処で、冷たいものをいただくことに。。
松山城

「城山荘 ソフトクリーム工房」で…
松山城

「伊予柑ソフト(400円)」を購入…伊予柑の果肉入り特性ソースがかかってます。
ほろ苦くて、甘すぎず…めっちゃうまーいっ!!!歩き疲れた身体に最高です!
松山城

再びリフトで下まで降りて、城下(ロープウェー街)を散策することに。。
お土産物屋さんやカフェなど、いろんなお店が並んでます。

奥さんの希望で立ち寄ったのが、「東雲かまぼこ」
松山城下

無添加の「じゃこ天(160円)」を購入。
瀬戸内海で獲れた魚を骨ごとすり潰して作った「じゃこ天」…めっちゃうまーいっ!!!
小魚の骨?の食感がちょっと残ってて、素朴で力強い味で…ほんとうまーいっ!!!
松山城下

続いて、歩いていると気になるお店を発見…それが「みかん横丁」
松山城下

ご覧ください!入口付近に置いてあるこちらの装置を。
「蛇口からみかんジュース(@100円)」…気になりますよね~。
松山城下

レジで支払いをし、蛇口をひねってみると…

出ました!美味しそうなオレンジジュースが。
松山城下

甘すぎず、濃厚でうま~いっ!
ちょっとした散策でしたが、めっちゃ楽しめました。 ~続く~

【旅の足跡】
「満州楼」で昼ごはん ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ①~
「青空食堂(千舟店)」で晩ごはん ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ②~
「GARDEN PLACE CAFFE」のモーニング ~愛媛・しまなみ ゆっくり旅 ③~

【More・・・】

松山城天守のゲートを入って進むと、すぐに見えてくるのがこちら。

左から南隅櫓、小天守(これらは昭和に焼失・復興したもの)、正面奥に大天守(重要文化財)が。(右側の塀奥にある一ノ門から中に入っていきます。)
松山城

いっぱい門を潜って、突き進んでいくと…
松山城

こんな四方が囲まれた空間に。
松山城

これは、松山城が大天守、小天守、隅櫓を四角く渡櫓で連結した「連立式天守」となっているために出来た空間です。(連結の仕方は様々ですが、連結式としては姫路城も有名ですね。)

建物の中に入ると、渡櫓を通りながら、ぐるっと回ることができました。

これは、天守から南方向を撮った本丸の様子。
(手前の建物が入場券売り場で、本丸の端っこ、写真左奥の建物が食事処「城山荘」です。)
松山城

けっこう歩き回りました。。

スポンサーサイト
23:07  |  愛媛県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyamhu.blog.fc2.com/tb.php/287-721a47af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。