2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.09 (Tue)

有馬温泉「月光園 鴻朧館」で温泉三昧 ~関西の豪華旅②~

それでは、3月下旬の関西の豪華旅(義父の退職記念旅行)のことを。。

1泊目の有馬温泉「月光園 鴻朧館」は、温泉街から徒歩5分程度の川沿いにあります。
温泉街から登る道が狭い&観光客が多く、車の運転が大変でした。。
(右手前が姉妹館の「月光園 遊月山荘」、左奥が「月光園 鴻朧館」です。)
130322-31

「鴻朧館」のフロントロビー(3階)から「遊月山荘」の渡り廊下(月光橋)を望む。
(右側の建物が「鴻朧館」、左奥の建物が「遊月山荘」の宿泊部分。)
130322-32

部屋はこんな感じ。川側の部屋で、窓から眺める景色がよかったです。。
130322-37

6時過ぎに到着後、夕食の前にひとっ風呂入りに。
まずは、「鴻朧館」1階にある大浴場(露天風呂、サウナ付)へ。
「金波の湯(男湯)」と「銀波の湯(女湯)」。

初めての有馬温泉のお湯。この濁った赤褐色のお湯こそ、有馬温泉の「金泉」ですよね。。
い~い、湯っだぁ~な、はははん♪
ただ、露天風呂のお湯は、かなりぬるめに感じました。
(この写真は、翌朝、たまたま誰もいないタイミングができたんで…撮っちゃいました。。)
130322-34

露天風呂の眼下は川で、いい感じ。すぐ傍の桜は、まだ固いつぼみの状態でした。。
130322-35

露天風呂に貼ってあった説明書き。(クリックで拡大)
「含鉄強食塩泉」…口についたお湯がしょっぱいはずです。。
130322-36

大浴場のサウナは、テレビもなく、広くもなかったんですが、全然問題なし!
こーゆー温泉旅館はサウナじゃなく、お湯で勝負ですよね。

宿泊客は、姉妹館の「遊月山荘」の温泉にも無料で入浴できます。
とゆーわけで、夕食後、お腹が落ち着いてから、酔って寝ちゃったお義父さんを部屋に残して、河原の傍の露天風呂に行ってきました。。

2つの姉妹館は1階の廊下で繋がっています。「遊月山荘」の渡り廊下を渡って対岸へ。
(この写真は、朝風呂に向かう時に、露天風呂側から渡り廊下側を撮ったものです。)
130322-40

対岸の「鴻朧館」を横目に、赤絨毯の敷いてある通路を歩いていくと…
130322-41

その先には、「遊月山荘」の露天風呂があります。
「阿福の湯(男湯)」と「玉鉾の湯(女湯)」。
130322-42

この露天風呂の排水はそのまま川に流しているということで、体を洗うことはできません。
源泉かけ流しで、お湯もちょうどいい温度…めっちゃ気持ちいいです。
(義弟と2人、貸切だったので、写真を撮ることができました。奥の建物が「鴻朧館」。)
130322-43

正面の建物が脱衣場。見上げると、闇夜に映えるライトアップされた緑の木々。
いや~、風情いっぱいで、最高!!個人的には、ここが一番よかったです!!!
後で聞いたら、うちの奥さんもここの露天風呂が一番よかったとのこと。
(夫婦の価値観って似てきますね。。)
130322-44

ちなみに、この露天風呂の男湯は、対岸の「鴻朧館」から見下ろせる場所にあり、ぶっちゃけちょっと見えちゃいます。が、男ならそんなことは気にせずに、どーんと行きましょう(笑)
(女湯はちゃんと見えないようになっているので、ご安心を。)

その後、「遊月山荘」の大浴場にも行ってきました。「鶴の湯(男湯)」と「亀の湯(女湯)」。
(写真は、これまた翌朝の朝風呂の時に撮ったものです。。)
130322-46

こちらの大浴場は「鴻朧館」より小さめでしたが、檜?の浴槽でした。
外にはかなり小ぶりでしたが、露天風呂(お湯はかなり熱め)もありました。
(後で奥さんに聞いたところ、本人が気がつかなかっただけかもしれませんが、女湯には露天風呂がなかったとのこと。)
ちなみに、義弟は、ここが一番気にいったと言ってました。。

宿泊プランには、「鴻朧館」貸切風呂もセットになっていました。
さんざん温泉に入った後でしたが、せっかくなので、寝る前に義弟と2人で貸切風呂(檜風呂)にも行ってみました。…貧乏性でお恥ずかしい限りです。。
130322-45

翌日レイトチェックアウトだったので、起床後とさらに朝食後に朝風呂に行っちゃいました。。

いや~、1つの旅館でしたが、本当に温泉三昧の1泊でした。。

ゆっくり、ほっこりでき、お義父さんも大満足。ありがとうございました~。

【追伸】
「鴻朧館」大浴場前にあるマッサージ機(もち無料)が、めっちゃ気持ちよかったです!
よく行く地元の某温泉施設のものとは大違い。かなり高級なものだと思われました。

【過去の記事(リンク)】
プロローグ ~関西の豪華旅~
有馬温泉「月光園 鴻朧館」の満月会席 ~関西の豪華旅①~

スポンサーサイト
23:55  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyamhu.blog.fc2.com/tb.php/62-53a72de4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。