2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.05.09 (Thu)

東尋坊でお昼ご飯 ~北陸旅行③~

北陸旅行の続きです。。

4/29(月・祝)、まず向かった先は、福井県の「永平寺」。
曹洞宗の総本山です。(この写真は、伽藍の中心に位置する「仏殿」。)
130429-14

わが家は曹洞宗なので、一度は行ってみたいと思っていたお寺です。
(興味のある方は、文末の「続きを読む(Read More)」をクリックお願いします。。)

門前町のおみやげ屋さんで永平寺御用達の「団助」のごま豆腐を購入し、続いて向かったのは、同じく福井県の「東尋坊」。
(「団助」のごま豆腐…ねっとりと濃厚で、味噌もめっちゃ美味しく、絶品でした!)

駐車場から東尋坊に向かう道の両側には、おみやげ屋、飲食店が連なってます。
お昼にはちょっと早かったのですが、朝食も早かったので、お腹がすいてきて…
我慢できず、店先で焼いている串焼きを購入。
130429-21

「さざえ串焼き(300円)」。
歯ごたえもあり、甘辛いタレとほろ苦い身が…うま~い!
(運転がなければ、ビールも飲んでいるところです。。)
130429-22

ちょっとだけ食べると、ますますお腹がすいてくることってありますよね。。

てなわけで、途中にあった「小南亭」でお昼ご飯を食べることに。
130429-23

にゃむふーは、がっつり食べたかったので「ソースかつ丼(みそ汁付、840円)」を注文。
130429-25

福井の名物「ソースかつ丼」。甘辛いソースが食欲をそそります。
去年、敦賀市にある「ヨーロッパ軒」で食べたものは、かなりの大ボリュームでしたが、
ここのは薄いカツでした。ま、観光地の飲食店ってこんなもんかも。。

うちの奥さんは、「ブリウニ丼(ミニ、1,050円)」を注文。
セットで、みそ汁、小うどん、小そばからどれか一つ選べる…とのことで、小そばをセレクト。
130429-24

ちょっと期待していたんですが、ウニの味が…輸入品かなぁ?
う~ん、ま、観光地の飲食店ってこんなもんでしょう。。

ごちそうさまでした~。

ちょっと歩いた先に魚屋さんの経営する飲食店がありました。
(知っていれば、こっちに入っていたかも…残念。。)

さらに少し歩くと、「東尋坊」に着きました。(クリックで拡大)
130429-31

あれっ!?

「東尋坊」って、断崖絶壁、日本海の荒波、火曜サスペンス劇場、○○で有名…みたいなイメージを持ってたんですが…下の方まで降りられるようになってるじゃないですか!
130429-32

しかも晴天ということもあり、爽やか&のどかで良い感じ。
(正直、もっと荒々しい風景を想像してました。。勝手なイメージでスイマセンでした。。)
130429-33

ちなみに、下から見上げるとこんな感じ。
130429-34

やっぱり来てみないとわかりませんね。

帰りは海岸沿いの遊歩道を歩いて駐車場まで戻りました。
(こっちを歩いている人は少なくて、めっちゃ気持ちよかったです!)

駐車場前のお店に貼ってあった注意事項(↓)トンビ恐るべし…
130429-26

福井県の名所2ヵ所(永平寺、東尋坊)を後に、金沢市へ向かいました。。 ~続く~

【過去の記事】
プロローグ ~北陸旅行~
加西SA(上り線)の「播州ラーメン」 ~北陸旅行①~
多賀SA(上り線)で車内泊 ~北陸旅行②~

【More・・・】

それでは、「永平寺」での拝観のことを少々。。

拝観料(@500円)を払って中に入ると、奥の畳の大広間で永平寺の説明がありました。
現在でも多くのお坊さんが修業されているとのこと。
(なお、この日は報恩授戒会が行われているため、「法堂」には入れないとのことでした。)

「傘松閣」。絵天井は昭和初期の建築当時のものを修復したものだそうです。
正面には達磨大師の大きな掛け軸が。禅宗のお寺ですね。。
130429-11

「山門」側から「中雀門」を望む。
永平寺は山の斜面に伽藍(建物)が建てられており、山門→(中雀門)→仏殿→法堂と回廊を登りながら奥へ進みます。(中央の石の階段は通行禁止となっています。。)
130429-13

ちなみに、「仏殿」とは本堂のことで、本尊の釈迦牟尼仏が祀られているところ、
「法堂(はっとう)」とは説法や法要が行われるところです。

「仏殿」側から「中雀門」を望む。(奥に見える屋根は「山門」。)
130429-15

仏殿から法堂へ向かう途中、左手側の石段の上に見えるのが「承陽門」。
(こちらの階段も一般の参拝者は通行禁止になっています。。)
130429-16

「承陽門」の奥に見えるのが「承陽殿」。(クリックで拡大)
曹洞宗の開祖、道元禅師の御廟で、明治の改築とのこと。
唐破風(手前の門の方が龍で、奥の御堂の方が鳳凰でしょうか)の彫刻が見事ですね~。
130429-17

最後に、お線香と自分用の数珠を購入して、永平寺を後にしました。 ~南無釈迦牟尼仏~

スポンサーサイト
01:03  |  福井県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nyamhu.blog.fc2.com/tb.php/83-dc8a0708

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。