2017年03月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.04.09 (Tue)

有馬温泉「月光園 鴻朧館」で温泉三昧 ~関西の豪華旅②~

それでは、3月下旬の関西の豪華旅(義父の退職記念旅行)のことを。。

1泊目の有馬温泉「月光園 鴻朧館」は、温泉街から徒歩5分程度の川沿いにあります。
温泉街から登る道が狭い&観光客が多く、車の運転が大変でした。。
(右手前が姉妹館の「月光園 遊月山荘」、左奥が「月光園 鴻朧館」です。)
130322-31

「鴻朧館」のフロントロビー(3階)から「遊月山荘」の渡り廊下(月光橋)を望む。
(右側の建物が「鴻朧館」、左奥の建物が「遊月山荘」の宿泊部分。)
130322-32

部屋はこんな感じ。川側の部屋で、窓から眺める景色がよかったです。。
130322-37

6時過ぎに到着後、夕食の前にひとっ風呂入りに。
まずは、「鴻朧館」1階にある大浴場(露天風呂、サウナ付)へ。
「金波の湯(男湯)」と「銀波の湯(女湯)」。

初めての有馬温泉のお湯。この濁った赤褐色のお湯こそ、有馬温泉の「金泉」ですよね。。
い~い、湯っだぁ~な、はははん♪
ただ、露天風呂のお湯は、かなりぬるめに感じました。
(この写真は、翌朝、たまたま誰もいないタイミングができたんで…撮っちゃいました。。)
130322-34

露天風呂の眼下は川で、いい感じ。すぐ傍の桜は、まだ固いつぼみの状態でした。。
130322-35

露天風呂に貼ってあった説明書き。(クリックで拡大)
「含鉄強食塩泉」…口についたお湯がしょっぱいはずです。。
130322-36

大浴場のサウナは、テレビもなく、広くもなかったんですが、全然問題なし!
こーゆー温泉旅館はサウナじゃなく、お湯で勝負ですよね。

宿泊客は、姉妹館の「遊月山荘」の温泉にも無料で入浴できます。
とゆーわけで、夕食後、お腹が落ち着いてから、酔って寝ちゃったお義父さんを部屋に残して、河原の傍の露天風呂に行ってきました。。

2つの姉妹館は1階の廊下で繋がっています。「遊月山荘」の渡り廊下を渡って対岸へ。
(この写真は、朝風呂に向かう時に、露天風呂側から渡り廊下側を撮ったものです。)
130322-40

対岸の「鴻朧館」を横目に、赤絨毯の敷いてある通路を歩いていくと…
130322-41

その先には、「遊月山荘」の露天風呂があります。
「阿福の湯(男湯)」と「玉鉾の湯(女湯)」。
130322-42

この露天風呂の排水はそのまま川に流しているということで、体を洗うことはできません。
源泉かけ流しで、お湯もちょうどいい温度…めっちゃ気持ちいいです。
(義弟と2人、貸切だったので、写真を撮ることができました。奥の建物が「鴻朧館」。)
130322-43

正面の建物が脱衣場。見上げると、闇夜に映えるライトアップされた緑の木々。
いや~、風情いっぱいで、最高!!個人的には、ここが一番よかったです!!!
後で聞いたら、うちの奥さんもここの露天風呂が一番よかったとのこと。
(夫婦の価値観って似てきますね。。)
130322-44

ちなみに、この露天風呂の男湯は、対岸の「鴻朧館」から見下ろせる場所にあり、ぶっちゃけちょっと見えちゃいます。が、男ならそんなことは気にせずに、どーんと行きましょう(笑)
(女湯はちゃんと見えないようになっているので、ご安心を。)

その後、「遊月山荘」の大浴場にも行ってきました。「鶴の湯(男湯)」と「亀の湯(女湯)」。
(写真は、これまた翌朝の朝風呂の時に撮ったものです。。)
130322-46

こちらの大浴場は「鴻朧館」より小さめでしたが、檜?の浴槽でした。
外にはかなり小ぶりでしたが、露天風呂(お湯はかなり熱め)もありました。
(後で奥さんに聞いたところ、本人が気がつかなかっただけかもしれませんが、女湯には露天風呂がなかったとのこと。)
ちなみに、義弟は、ここが一番気にいったと言ってました。。

宿泊プランには、「鴻朧館」貸切風呂もセットになっていました。
さんざん温泉に入った後でしたが、せっかくなので、寝る前に義弟と2人で貸切風呂(檜風呂)にも行ってみました。…貧乏性でお恥ずかしい限りです。。
130322-45

翌日レイトチェックアウトだったので、起床後とさらに朝食後に朝風呂に行っちゃいました。。

いや~、1つの旅館でしたが、本当に温泉三昧の1泊でした。。

ゆっくり、ほっこりでき、お義父さんも大満足。ありがとうございました~。

【追伸】
「鴻朧館」大浴場前にあるマッサージ機(もち無料)が、めっちゃ気持ちよかったです!
よく行く地元の某温泉施設のものとは大違い。かなり高級なものだと思われました。

【過去の記事(リンク)】
プロローグ ~関西の豪華旅~
有馬温泉「月光園 鴻朧館」の満月会席 ~関西の豪華旅①~

23:55  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.27 (Wed)

有馬温泉「月光園 鴻朧館」の満月会席 ~関西の豪華旅①~

いや~、飲み会が続いて、大変です。。

昨日は11時過ぎに帰宅し、そのままビールを片手にサッカー日本代表×ヨルダン戦を観戦。
1-2で負けてしまいましたね…残念。


さて、先週末の関西旅行のことを。。
まずは、初日に泊まった有馬温泉「月光園 鴻朧館」から。

夕方6時ごろに旅館に到着。ひとっ風呂浸かってから、夕食をとることに。
温泉に入って、ほっこりして部屋に戻ると、セッティングしてありました。
130322-01

今回のプランは「満月会席」。(クリックで拡大)
130322-02

しばらく待っていると、仲居さんが食前酒と先附を持ってこられました。
「長い間お疲れ様~」と乾杯してスタート。
130322-04

食前酒は「神戸ワイン」。なんと、フルボトルでした。
「このまま栓をあけずに、お土産にもできますが…」と言われましたが、心配御無用。
この4人だったら、ボトル1本くらい軽~く空いちゃいます(笑)
130322-03

先附はこちら。生ビールも注文し、改めて「かんぱーい!」
右手前から時計回りに「焼き舞茸」、「小扇長芋」、「春キャベツ紅鮭巻」、「鍵わらび」、「菜の花」、反対側に隠れて見えませんが「子持ち昆布」。薬味ソースがかかっています。
130322-05

続いて、「退職おめでとうございます。当館からの心ばかりのものですが…」と持ってこられたのが、ミニサイズの「お赤飯」。
かなりもっちりしていて、お餅のようでした。。
130322-06

向附として「伊勢海老姿造り+お刺身の盛り合わせ」。
伊勢海老の造りなんて、初めてです。テンション上がりますね~。
130322-07

お皿にとりわけたのがこちら。
右手前から時計回りに、「伊勢海老」、「とろ鮪」、「明石鯛」、「カンパチ」。
いや~、どれも最高に美味しいです!
130322-08

伊勢海老の頭をほじくって食べた、ミソも最高でした!うまいなぁ~。

続いて、煮物椀として、「アワビの葛打ち」、「道明寺豆腐」、「赤梅の含め煮」。
アワビは言うまでもないですが、「赤梅の含め煮」がめっちゃうまかったです!
やわらか~く甘露煮された繊細な味付けの梅。まさか、こんなに美味しいとは…絶句!
130322-09

焜炉(焼きもの)として、「神戸牛ヘレ鉄板焼」。
待ってました!!!神戸牛+じゃがいも、アスパラ、キャベツ、赤こんにゃく。
バター、レモン、マスタードも添えてあり、お好みの味付けで食べれます。
130322-10

やわらか~い!うま~い!最高です!!ビールもワインも進みます!!!
130322-11

付け合わせのサラダの「冷やしトマト」。「赤穂の甘塩」で食べます。
切れ目の入ったトマトがまるまる1個ずつ、どーんとありました。
繊細な料理もあれば、素材を活かした大胆な演出の素朴な料理も。にくいですね~。
どれも素材の味を活かした、とても美味しい料理です。
130322-12

この赤穂の甘塩で食べた神戸牛もめちゃうまでした!!!

このあたりで、日本酒も注文。
左が「瀧鯉(300ml、2,100円)」、灘(櫻正宗)の大吟醸です。
右が「小鼓(300ml、1,700円)」、丹波の純米吟醸です。
どちらもお高い(驚)こんな機会じゃないと、注文できません。。(クリックで拡大)
130322-13 130322-14

続いて、蓋物の「玉手箱酒蒸し」が出てきました。胡麻ポン酢で食べます。
130322-15

蒸し上がるまで、しばし時間がかかります。。その間に料理が何点か。
130322-16

凌ぎ(しのぎ)として、「瀬戸内穴子笹巻き寿司」。
ぐるっと穴子ではさんであり、1個のボリュームがかなりあります。
130322-17

酢物として、「明石蛸焼き霜」やパプリカ、タマネギなどを酸味の効いたドレッシングで。
130322-18

日本酒でやってるうちに、「玉手箱酒蒸し」ができあがりました。
蓋をあけると、こんな感じ。
右奥から、ずわい蟹、巻き湯葉、シイタケ、車海老、丹波地鶏、白ネギなどが入ってます。
130322-19

ここまでくると、料理とお酒でかなりお腹いっぱいに。。

しめのご飯ものとして「鯛茶漬け」、「黒豆うどん」、「白御飯+赤だし」から1つセレクト。
折角なので、2つずつお願いし、いつものごとくシェアして食べることに。

お義父さんと義弟は「鯛茶漬け」。
130322-21

にゃむふー夫妻は「黒豆うどん」。「野菜かき揚げ」がセットになってます。
太くて、こしがあって、美味しかったです。。
130322-20

デザートの「果物三種盛り」。
130322-22

お腹いっぱいになりました。

人生でこんなに贅沢な食事をしたのは、初めてじゃないでしょうか。

本当に、ごちそうさまでした~。

23:12  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.01.09 (Wed)

「餃子の王将(養父店)」で晩ご飯

先日の「奥香の湯」の帰りがけに寄ったのは、兵庫県養父市の9号線沿いにある「餃子の王将(養父店)」。温泉帰りによく寄るところです。。
130105-11

ゆっくりとお風呂に入りすぎて、二人とも腹ペコです。

注文したのは「四川風ミソラーメンセット(800円)」

真っ赤な「四川風ミソラーメン」。
見た目ほど激辛というわけではなく、ほどよい辛さで美味しかったです!
130105-12

これに「餃子1人前」と「ライス」が付いてます。
王将と言えば、やっぱ餃子ですよね。外せません。
130105-13

他に一品「野菜炒め」みたいなあっさり系を注文したかったんですが、
「本日はモヤシがなくなってしまって作れない」とのこと。

代わりに注文したのは「豚キムチ(480円)」

注文してから、ラーメンと辛い系でかぶってしまった…と、ちょっと後悔。。

ここの「豚キムチ」は卵も入っていました。濃い目の味付けがご飯とよく合います。
130105-14

二人でがっつきました。

ごちそうさまでした~。美味しかったです。

20:40  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.01.08 (Tue)

2013年、初温泉「奥香の湯」

先日の土曜、年末年始の疲れを癒すため、温泉に行ってきました。

今年、初温泉です。

向かった先は、兵庫県朝来市和田山町の9号線沿いにある「奥香の湯」。
家から車で2時間近くかかりますが、ドライブがてらよく行きます。
わが家の行きつけ温泉の1つです。
130105-02

入浴料@600円で、かなり充実した設備。コスパ高し!
内湯(大浴場、座湯、スーパージェットバス、ジャグジー、サウナ、水風呂)、
外湯(露天風呂、壺風呂、スチームサウナ、寝湯など)。
露天風呂のつくりが男女で少し違っていて、日ごと(週ごと?)の入替制です。

この日も家族連れやスキー・スノボ帰りのお客さんで賑わっていました。

お気に入りポイントは、サウナの中だけじゃなく、露天風呂にもテレビがあること!
ゆったり湯船につかりながら、テレビを見てると…あっとゆー間に時間がたちます。

うちの奥さんは、ここのスチームサウナが大好物!
(結構キツめの薬草のスチームが充満していて、好き嫌いがあるかも。。)

結局2時間半近くいました。

ほっこりしました~

やっぱり「奥香の湯」は最高です!また来ます!
130105-01

【お風呂設備情報】
・タオル、バスタオルなし
・リンスインシャンプー、ボディーソープあり
・サウナ内、露天風呂にテレビあり
・冷水機あり


追伸:敢えて言うなら、食事処はあるものの、休憩室がないのが玉に瑕ですかね。。

23:12  |  兵庫県  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
PREV  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。